ホワイトハウス

バイデン政権はFacebookに、保守系より主流派ニュース推しでアルゴリズム調整させていた

バイデン政権は、フェイスブック幹部との会合で、2021年初頭に保守的なジャーナリストやコメンテーターが投稿したコンテンツよりも、ニューヨーク・タイムズ紙やウォール・ストリート・ジャーナル紙の記事を紹介するよう、フェイスブックのアルゴリズムに手を加えることができるかどうかを尋ねた。会議の焦点は、COVIDワクチンの接種をためらう人々に対して接種を促したい政権側を支援することだったとされている。

Just the Newsが確認したメモには、2021年春、COVID-19ワクチンの有効性と安全性に関する最初の疑問がソーシャルメディア上で急増し始めた頃、ホワイトハウスのデジタル・ディレクターであるロブ・フラハティ氏とフェイスブック(現在はメタとして知られる)の幹部との間で行われた一連の会議が記録されている。

最近、下院司法委員会に提出された召喚令状に基づくメモは、ホワイトハウスがフェイスブックと積極的に交流し、より多くのアメリカ人に予防接種を受けるよう促すようなコンテンツを規制するよう、ソーシャルメディアの巨人に圧力をかけることもあったことを明らかにしている。

ジョー・バイデン大統領は最終的に、多くのアメリカ人に予防接種を義務付けることになるが、それは裁判所と議会によって覆された。

例えば2021年4月14日、Just the Newsが入手したフェイスブックの会議文書によると、ホワイトハウスのフラハティ氏はフェイスブックに対し、デイリー・ワイヤーやフォックス・ニュースのコメンテーター、トミ・ラーレン氏よりもニューヨーク・タイムズやウォール・ストリート・ジャーナルを宣伝できないかと尋ねたという。

フラハティ氏はフェイスブックの従業員に尋ねた。「もしアルゴリズムを変更して、人々がデイリー・ワイヤーやトミ・ラーレン、偏向的な人々よりも、NYTやWSJ、権威あるニュースソースを見る可能性を高めたとしたら、その重大な影響をチェックする仕組みはないのですか?あなたは、重大な影響をチェックするメカニズムを持っていないのですか?」当時の会議でフェイスブックのタイプライターに記録されていた内容である。

デイリー・ワイヤーは、バイデンが従業員の雇用を維持する条件として予防接種を受けることを企業に義務付けたことに異議を唱える画期的な訴訟のひとつを起こした。

フラハティ氏の質問に先立ち、彼は会議の中でフェイスブックの従業員とCOVIDワクチンの接種を躊躇していることについて話し合い、会社がそれについて何をしているのか尋ねた。

「なぜインターネット上に誤った情報があるのか、FBよりも大きな問題だ。どこに問題があるのか、どのような介入があるのか、どの程度効果があるのか。具体的な方法論はどうでもいい。あなた方は、私たちが手にするよりも優れた、豊富なデータを持っている。」

「あなたのプラットフォーム上にあるもので、ワクチン接種を躊躇させるものは何ですか?それは何か?問題の規模は?あなた方が介入するとき、どのように成功を測定していますか?」フラハティ氏の質問はこうであった。

フラハティ氏は、「率直に言って、FBに対する信頼があまりないため」、バイデン政権は、このプラットフォームがワクチンへの抵抗に対処するために「あなた方がやっていないことで、効果的なことを見つけ出しているかどうか」を知りたかったのだ、とノートには記されている。

ミーティングに参加したフェイスブックの従業員は、検閲とモデレーションに関する同プラットフォームの戦略について説明し、特にラーレン氏のワクチン拒否を例に挙げたと引用されている。

「介入という点では、ホットスポットとなるグループが存在することを知っておいてください。ホットスポットでは 強制的な投稿承認があり、管理者は投稿を承認しなければなりません。承認された内容に違反した場合、そのグループにはストライキが与えられる。

ただ、コメントに関する新しい例を発見している。トミ・ラーレン氏はワクチンを接種していないことを投稿した。コメントを減らしてもまだ苦戦している。一般からのコメントを減らしても、トミ・ラーレン氏は投稿をする。」と、フェイスブック幹部のコメントを引用している。

その後、フェイスブックの従業員は、「トミ・ラーレンの投稿のような、難しいポリシーの制約がある」と説明した。「ただ、勝利を宣言したわけではないことを明確にしておきたいと思います」と付け加えた。

ラーレン氏は水曜日の夜、Just the Newsに対し、バイデン政権がフェイスブック上の彼女の投稿に関心を寄せていることに動揺はしているが、驚きはしていないと語った。

「私がバイデンの頭の中で家賃なしで生活しているという事実は嬉しい。「しかし、私が個人的にCOVIDワクチンを接種しないと言っただけで、彼のチームが私を黙らせるためにこれほどの労力を費やすという事実は、控えめに言っても不愉快です。ジョー・バイデンのもとでは、言論の自由は最後の砦となりつつあります。」

デイリー・ワイヤーの名誉編集長、ベン・シャピロ氏も水曜日に反論し、ジャスト・ザ・ニュースの取材に対し、法的手段を模索していると語った。

「バイデン政権がフェイスブックに圧力をかけ、デイリー・ワイヤーのトラフィックを減らすよう要求したことは明白であり、嫌悪感を抱かせるものであり、予測可能な憲法修正第1条違反である。「たとえ政府が民間企業に検閲という汚い仕事をさせたとしても、政府の行動は政府の行動である。」

「私たちはバイデン政権を提訴し、OSHAによるワクチン義務化を阻止した。そして、言論の自由を守るために再び裁判を起こすことも恐れません。」

下院司法委員長のジム・ジョーダンは先週、かつてツイッターとして知られていたプラットフォーム「X」の長いスレッドで、彼の委員会が集めている証拠は、バイデンホワイトハウスがフェイスブックに対し、言論の自由を脅かすような方法で、ワクチン接種のためらいに対処するためにモデレーションポリシーを変更するよう圧力をかけていたことを示していると述べた。

「司法委員会が召喚した未公開の内部文書は、フェイスブックとインスタグラムがバイデン政権からの違憲の圧力によって投稿を検閲し、コンテンツモデレーションポリシーを変更したことを証明している」とジョーダンはツイートした。

2021年上半期、フェイスブックのようなソーシャルメディア企業は、バイデン政権から、公的にも私的にも、疑惑の “誤報 “を取り締まるようにという多大な圧力に直面した。2021年4月、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOとシェリル・サンドバーグ最高執行責任者(COO)宛に、フェイスブックのある従業員が、投稿を削除するよう『(バイデン)ホワイトハウスを含む外部の利害関係者からの継続的な圧力に直面している』という内容のメールを流した。

憲法学の教授たちは、ジャスト・ザ・ニュースが入手した新しいメモに概説されているホワイトハウスの行動を非難し、検閲の臭いがし、憲法修正第1条の重大な問題を提起していると述べた。

ジョージ・ワシントン大学のジョナサン・ターリー教授は、水曜日にジャスト・ザ・ニュースにこう語った。政府機関には、自分たちの声で発言する権利がある。その代わりに、バイデン政権は、私が『代理人による検閲』と呼んでいることに関与しようとした。これはそのパターンの一部です」。

通常、民間企業が憲法修正第1条違反の責任を問われることはない。しかし法律は例外を定めている。ただし、私企業が行動している場合は例外である。

レイノルズ氏は、The Daily Wireとラーレン氏が、検閲をめぐって連邦政府とフェイスブックを訴えることが「可能であり、おそらくそうすべきだ」と考えている。

レイノルズ氏は、「政府とフェイスブックを訴えるには金がかかる」としながらも、両者とも「大金を持っている」ので、もしデイリー・ワイヤーとラーレン氏が勝てば、「悪くはない」と述べた。しかし、”企業よりも政府に対して救済を受ける方が難しい “と付け加えた。

「レイノルズは、フェイスブックは政府と “主権免責を共有 “しておらず、”おそらく非常に後悔するだろう “と述べた。

ホワイトハウスとフェイスブックを所有するメタ社は、水曜日にコメントを求めたが、すぐに返答はなかった。

引用:Just The News

関係のある投稿