Home 社会事件・事故・犯罪 イランのカセム・ソレイマニ軍司令官暗殺式典で爆発が起こり、100人以上が死亡

イランのカセム・ソレイマニ軍司令官暗殺式典で爆発が起こり、100人以上が死亡

by Jack World News

イランの最高司令官カセム・ソレイマニがアメリカの無人機攻撃により2020年に暗殺されたことを記念する式典が2度の爆発に見舞われ、少なくとも103人が死亡、170人が負傷した。

最初の爆発に続き、南東部の都市ケルマンにある墓地の近くでも2度目の爆発があり、そこではソレイマニ暗殺4周年を記念して数千人が集まっていた。

悲惨なビデオには、血まみれの犠牲者が床に横たわり、イランが「テロ攻撃」と表現したソレイマニが埋葬されているサヘブ・アル・ザマン・モスク近くの爆発現場からよろめきながら立ち去る人々が映っていた。

イランは木曜日を追悼の日とした。

ビデオでは、墓地に向かって歩いていた何千もの人々が恐怖に悲鳴を上げる中、煙が空に向かって立ちのぼる様子が映し出された。つの爆発がケルマンを襲った後、群衆が逃げ惑う姿が映し出された。

サヘブ・アル・ザマン・モスクの近くで爆発が起こったとき、数千人が冷酷な司令官の暗殺4周年を記念するために集まっていた。

この爆発は、レバノンの首都ベイルートでイスラエルの無人爆撃機がハマスの副指導者サレハ・アル・アロウリを殺害した翌日に起こった。

しかし、この攻撃がテルアビブによるものだという指摘はない。イスラエルはイランの核開発計画をめぐって攻撃を行ったことはあるが、大量殺戮を目的とした爆弾テロではなく、標的を絞った暗殺を行っている。

イスラム国」を含むスンニ派過激派グループは、比較的平和なケルマンではないが、シーア派が多数を占めるイランで過去に大規模な攻撃を行い、市民を殺害している。

イランの緊急サービスのスポークスマンであるBabak Yektaparastは、国営メディアに対し、死者73名、負傷者170名と発表したが、死者数はすぐに103名に増加し、死傷者数はさらに増加すると予想される。

今日の爆発の背後に誰がいるのかは謎に包まれているが、イスラエルの無人機による空爆がレバノンのベイルートでアロウリ氏を殺害してから24時間も経っていない。

イスラエルのネタニヤフ首相は以前、テヘランの支援を受けるレバノンの過激派組織ヒズボラがイスラエルに向けてロケット弾を発射した後、『蛇の頭を切り落とし』、イランに対して軍事攻撃を開始すると宣言した。

ソレイマニが埋葬されているケルマン州のラフマン・ジャラリ副知事は、今日の爆発は『テロ攻撃』であると述べた。

テヘランの同盟国であるロシアのプーチン大統領は、爆破事件の直後、イランの指導者たちに哀悼の意を表明した。

墓地を訪れていた平和な人々が殺害されたことは、その残酷さと冷笑において衝撃的である」と、プーチンはイランのエブラヒム・ライシ大統領と最高指導者アヤトラ・アリ・ハメネイに宛てた書簡の中で述べた。

爆発の原因はすぐには明らかにされなかったが、イラン新聞によれば、爆薬の入った2つの袋が群衆の真ん中で遠隔操作で爆発させられたという。

また、この大惨事から逃げようとした人々が殺到し、数台の救急車が駆けつけ、数人が負傷した。

しかしレスキュー隊は、大群衆が道路をふさいでいるため、負傷者を病院に運ぶのが遅れていると語った。

「我々の迅速対応チームが負傷者を避難させています。しかし、群衆の波が道路をふさいでいます」とケルマン州赤新月社のレザ・ファラ救助隊長は国営テレビに語った。

何千人もの人々が、2020年に隣国イラクのバグダッド国際空港で米軍の空爆により死亡したソレイマニに敬意を表するために街に集まっていた。

ソレイマニは中東全域でイランの外交政策を形成する責任者であり、祖国では尊敬され、愛されていた。

しかし、アメリカ政府関係者にとっては、彼はイラク戦争中の致命的な敵であり、米軍を殺傷した貫通路側爆弾で武装した武装勢力の手助けをした人物であった。

ソレイマニを殺害した空爆は、2020年1月3日、バグダッド空港近くで展開された。

ソレイマニは午前12時半ごろ、シリアかレバノンからの飛行機で空港に到着し、駐イラク親イラン人民動員部隊のアブ・マハディ・アル・ムハンディス副司令官(当時)が駐機場で出迎えた。

その数分後、彼らの車が貨物エリアを通過し、空港の外に通じるアクセス道路に向かったとき、車列はMQ-9リーパー・ドローンが発射した4発のミサイルに襲われた。

ソレイマニ、ムハンディスら3人は死亡した。

イラン革命防衛隊の精鋭部隊クッズ・フォースを率いるソレイマニは、イラクのシーア派民兵、レバノンのヒズボラ、シリア、パレスチナ自治区、イエメンの戦闘員など、地域全体の武装集団の武装、訓練、指導に貢献したとされている。

イランには、亡命グループ、過激派組織、国家権力者など、今回の攻撃の背後にいる可能性のある敵が複数いる。イランはハマスだけでなく、レバノンのシーア派民兵組織ヒズボラやイエメンの反政府勢力フーシを支援してきた。

昨夜、イスラエルはベイルートにあるハマスの事務所を無人爆撃機で攻撃し、副政治指導者のアロウリを含む4人のメンバーが死亡した。

イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は、ハマスが10月7日に血なまぐさい攻撃を開始する前から、ヨルダン川西岸で組織を率い、グループの武装組織の設立に貢献したアル・アロウリを殺すと脅していた。

イスラエル政府高官は最後に、ハマスの指導者はすべて「死ぬ運命にある」と宣言したが、ハマス軍がベイルート攻撃を実行したかどうかについてはコメントを避けた。

57歳のアロウリは、イスラエルがおよそ3カ月前、10月7日の無慈悲な攻撃の後、ハマスに対して残忍な空爆と地上攻撃を開始して以来、暗殺された最初のハマス幹部の政治指導者だった。

ハマスの強力な同盟国であるレバノンの重武装組織ヒズボラは、以前、イスラエルがレバノンのパレスチナ高官を標的にするいかなる場合にも反撃することを誓い、昨夜の攻撃について、『この犯罪は、反応と罰なしに決して過ぎ去ることはないだろう』と述べた。

レバノンのナジブ・ミカティ首相もこの殺害を非難し、イスラエルは『レバノンをさらに戦争に引きずり込もうとしている』と宣言した。

ヒズボラとイスラエル軍は、イスラエルによるガザでの軍事作戦が始まって以来、イスラエルとレバノンの国境でほぼ毎日銃撃戦を続けているが、これまでのところ、レバノンのグループは戦闘を劇的にエスカレートさせることには消極的なようだ。

しかし、これまでのところ、レバノン人グループは戦闘を劇的にエスカレートさせることには消極的なようだ。

そして今日、イスラエル軍はイランの支援を受けるヒズボラ過激派を標的にするため、レバノンを攻撃し続けた。

引用元:Daily Mail

You may also like

jackteam_logo_462x112_wh-rd

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00