Home 政治1月6日米議事堂暴動 キャピトル警察に対する初のJ6事件提訴!デリック・ヴァーゴが、彼を殺そうとして崖から突き落としたチンピラ警察官を訴える!

キャピトル警察に対する初のJ6事件提訴!デリック・ヴァーゴが、彼を殺そうとして崖から突き落としたチンピラ警察官を訴える!

by Jack World News

マイク・ジョンソン議長も訴えられた!- 「殺人未遂だ!」

2021年1月6日、4人のトランプ支持者が殺された。デリック・ヴァーゴは5人目でなくてよかった。

ヴァーゴは昨日夕方、「1月6日に彼を殺そうとした」とするブライアント・ウィリアムズ国会議事堂警察官を提訴した。

ヴァーゴがブライアント・ウィリアムズという名のDC警察官によって、連邦議会議事堂の30フィートの高さの岩棚から悪意を持って突き落とされたことが、流行のビデオに映し出されている。

提出されたばかりの訴訟によると

「ブライアント・ウィリアムズ巡査は手を突き出し、ヴァーゴを意図的に棚から突き落とし、30フィートの高さから地面に落下させた。これは客観的に見て不合理な殺傷力の行使である。合理的な人間であれば、あの状況では殺傷力に代わる多くの選択肢があったことを理解していたはずだからだ。たとえば、ヴァーゴは明らかに手すりにつかまって命拾いをしていたのだから、その瞬間、彼が脅威になっていないことは明らかだった。警官たちは、ヴァーゴを降下させるか、つかんで手すりを越えて安全な場所まで引っ張ることは簡単にできたはずだ。ブライアント・ウィリアムズは正当防衛でも、誰かを守るためでもなかった。彼の行動は明らかに悪意があり、理由もなくヴァーゴを殺すか重傷を負わせようとしたものだった。ヴァーゴが突き飛ばされた後、警官の一人がトランプ支持者たちに向かって踊り場からアメリカ国旗を投げつけ、あたかも国旗がフットボールで、タッチダウンを決めたかのように勝ち誇ったようにスパイクした。まるで、”私たちが彼にしたことをあなたたちにもしてあげるから、上がってきなさい “とでも言うように。このことは、警官たちが悪意を持って行動し、国会議事堂を訪れる人々の安全を考えていなかったことを示している。」

ヴァーゴはビクトリア・ホワイトとともに、1月6日に警察を訴えた2人目の抗議者となった。議事堂警察を訴えたのは彼が初めてである。ヴァーゴは間一髪で時効に間に合った。2024年1月6日は、あの運命の日から3年目であり、また42 USC 1983(公民権侵害で警察を訴える)に基づく提訴の期限でもある。

ヴァーゴは当初、バイデン政権による報復や逮捕を恐れ、3年間も提訴を控えていた。しかし、この勇敢な青年は、今年1月6日に迫っている時効に打ち勝つために、プロ・サイド(自己代理人)で訴訟を起こすことにした。ヴァーゴはプロ・シークで前進し、アドボカシー団体と協力するか、勇気をもって弁護してくれる弁護士を見つけることに前向きである。

「彼らが私を逮捕し、D.C.のギトモに収容するのは、私が彼らを訴えたことへの報復かもしれないという事実を、私は受け入れています」とヴァーゴは認めた。「でも、私がやらなければ、他の誰もやらないということがわかったのです」。

ヴァーゴがこのシンプルな発言で示した真摯な勇気に、記者は感慨を覚えた。

デリックのキャピトルポリスによる暴行はこちらでご覧ください

ヴァーゴの落下はあまりにも残酷で、ヴァーゴが落下し、その場しのぎの担架で運ばれる遺体の映像は、1月6日に死亡した4人の抗議者のうちの1人のものだと、多くの人が数ヶ月間信じていた。私たちThe Gateway Punditがヴァーゴの居場所を突き止め、ヴァーゴが名乗り出た。

訴訟の全文は以下の通り。魅力的でアクション満載の読み物である。

Powered By EmbedPress

引用元:The Gateway Pundit

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00