Home 政治ホワイトハウス 控訴裁判所、ERの医師に中絶手術を強要するバイデン計画を満場一致で却下

控訴裁判所、ERの医師に中絶手術を強要するバイデン計画を満場一致で却下

by Jack World News

火曜日、第5連邦巡回控訴裁判所は、バイデン政権は連邦法を違法に利用して緊急治療室の医師に妊娠中絶を強制することはできないとの判決を全会一致で下した。

最高裁が「ロー対ウェイド」を覆した後、可能な限り中絶を義務付けようとするバイデン政権は、連邦法である緊急医療・労働法(EMTALA)を利用して、医師の良心や宗教的信条に関係なく、救急救命室の医師に中絶を強制しようとした。

テキサス州対ベセラ訴訟では、テキサス州はEMTALAを利用して救急救命室の医師を強制的に堕胎医にしようとする試みに異議を唱えた。

この判決において、第5連邦巡回控訴裁判所は、EMTALAが救急治療室の医師に中絶を提供することを要求するものではないとした。

その代わりに、EMTALAは、病院が緊急サービスの料金を支払うことができない患者の治療を拒否することを防止するものであり、病院は緊急時に妊婦と胎児の両方を安定させることを要求している。

ADF (The Alliance of Defending Freedom)は、バイデン政権が人工妊娠中絶にEMTALAを使用することを差し止めた下級審判決を維持するよう裁判所に求めた。

控訴裁判所は全会一致でこれに同意した。

ADFはこの判決を “女性、子供、医療従事者にとって極めて重要な勝利 “と呼んでいる。

ADFは以下の内容を共有した。

「病院、特に緊急治療室は、生命を守ることを使命としている。第5巡回区は、連邦政府が病院を妊娠中絶クリニックに変える筋合いはないという正しい判決を下した。医師はヒポクラテスの誓いを破ることを強要されるべきではないし、深く抱いている信念に反するか、厳しい金銭的罰則を受けるか、メディケアプログラムから締め出されるかの二者択一を迫られるべきでもない。緊急治療室の医師は、子宮外妊娠のような生命を脅かす病態を治療することができるし、実際そうしている。しかし、選択的中絶は救命医療ではなく、胎児の生命を絶つものであり、政府はこのような危険な処置を医師に強制する権限はない。私たちは、裁判所が救命救急センターがその本来の機能を果たすことを認めていることを喜ばしく思う。」

********

「EMTALAは、中絶はもちろんのこと、特定の種類の医療行為を強制するものではない。特にEMTALAが同等の安定化義務を課している場合、EMTALAが妊娠中の母親に子供を中絶する無条件の権利を与えていないことに、我々は連邦地裁に同意する。」

こうして裁判所は、”EMTALAの範囲を拡大しよう “とするバイデン政権の試みを退けた。

引用元:The Gateway Pundit

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00