Home 経済アメリカ経済 ワシントン・ポスト、経営計画の失敗と巨額損失で破滅の道へ

ワシントン・ポスト、経営計画の失敗と巨額損失で破滅の道へ

by Jack World News

左翼新聞であるワシントン・ポストが大きな赤字に直面し続け、破滅の危機に瀕しているようだ。

パック・ニュースのレポートによれば、ポストは年間1億ドルの損失を出しており、崩壊に直面している。

目を覆いたくなるような損失は、ビジネスモデルの失敗によるものだと報告書は主張している。

財務的な苦境もさることながら、この企業メディアは2023年末までにオンライン・エンゲージメントの半分以上を失うという。

その兆候は昨年半ばにはすでに出ており、最悪の事態が到来した。

 

ポスト紙の億万長者であるジェフ・ベゾスの巨万の富は、同紙が抱える問題の一部を覆い隠すのに役立っている。

しかし、潮の流れは長くは続かない。

これほど高い諸経費を負担している新聞社が、オンライン視聴者の50%以上を失うのは破滅的だ。

加入者数もドナルド・トランプ大統領が退任して以来、激減している。

データによれば、民主党のジョー・バイデン大統領の政権期間中、購読者は急降下していた。

トランプ大統領に対する政治的攻撃に重点を置いてきた同メディアは、トランプ大統領がホワイトハウスにいないことで大きな打撃を受けている。

しかし、この1年で第45代大統領はヘッドラインにしっかりと戻ってきた。

とはいえ、『ポスト』紙は下降の一途をたどっている。

トランプが複数の重罪で起訴されただけでは、かつての名門紙を救うのに十分でないとすれば、何ができるのか想像するのは難しい。

今のところ、ベゾスがこれからどこへ向かうのかは不明だ。

この新聞社が現在歩んでいる道は、持続不可能なものだ。

沈みゆく船に資金を投じ続けるのは悪い投資だ。

しかし、ポスト紙の指導者たちは、市場原理よりも左翼的急進主義に忠実だ。

したがって、この船が救われると考える理由はない。

 

引用元:Slay News

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00