Home 社会警察 人員不足に直面するピッツバーグ警察署長ラリー・シロットは、市民は危険にさらされていないと言う

人員不足に直面するピッツバーグ警察署長ラリー・シロットは、市民は危険にさらされていないと言う

by Jack World News

辞職と退職が相次ぎ、ピッツバーグの警察職員数は記憶にないほど減少しており、組合は市民が危険にさらされていると述べている。

警察は秩序と無秩序の間に立つ、細い青い線と呼ぶ人もいる。ピッツバーグでは、その線がかなり細くなっている。

2023年には102人の警官が退職した: 46人が辞職し、55人が退職、1人が自然死した。その結果、ピッツバーグ市警には735人の警察官と12人の指揮官が残ることになる。

警察友愛会のロバート・スウォーツウェルダー会長は声明の中で、市民が危険にさらされていると述べた。

「ピッツバーグ市民とその訪問者は、この数字に警鐘を鳴らすべきです。市民は、受けていない警察サービスや一般的な治安上の理由による税金の踏み倒しを懸念すべきです。観光客は、市を訪問する際、警察の対応が遅い、あるいは不在であること、また個人の安全を心配すべきです。FOPはこの問題に関して長年警鐘を鳴らしてきましたが、一方で市長の政権と警察行政は、市内ですべてがうまくいっていると市民に誤解を与えています。」

ピッツバーグ警察署長ラリー・シロット:”我々の資源がどこに向けられているのか再評価することになる”

5月に署長に就任して以来、シロットは、より良い保護と奉仕のために警官を再配置し、必要でない警察通報への対応をなくし、警官を管理職から外してパトロールに戻し、全体的な人数は減ったものの、街頭にはより多くの警官がいるようになったと言う。

「市民の安全が脅かされているとは思いません。「警官の安全が脅かされているとも思いません。もしそう信じているのなら、皆さんの前に立って、そうでないとは言いません。」

ピッツバーグ前市長のビル・ペドゥートは「黒人の命」に抗議し、警察官の採用を凍結した。その間、その数は着実に減少している。

市は現在、新たに2つの警察官採用クラスを設けており、そのうちの最初のクラスが今春から街頭に立つ予定だ。シロットによれば、市は現在、警察局の健全性を維持するため、さらに3つのクラスを設ける予定だという。

「2024年の退職者数を上回れない理由はありません」とシロットは言う。

シロットは、これらの再配置と新兵クラスによって、市民の安全は保証されると述べた。警察組合は疑問を抱いている。

引用元:CBS News

You may also like

jackteam_logo_462x112_wh-rd

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00