Home 生活コロナウィルス ファウチ、議会でマスク義務化とCOVID-19の起源に関する質問に答える

ファウチ、議会でマスク義務化とCOVID-19の起源に関する質問に答える

by Jack World News

アンソニー・ファウチ博士が1月8日、ワシントンを訪れ、マスクに関する公共政策についてどのように立場を翻したか、彼が率いる機関が中国での危険な研究にどのように資金を提供したか、そして感染後の免疫がどのように軽視されたかについての質問に答えた。

COVID-19のパンデミックに対する米国の対応の最高責任者であったファウチ博士(83歳)は、コロナウイルスのパンデミックに関する米国下院特別小委員会からの2日間の質問のために、非公開のドアの向こうにいる。彼が宣誓して質問に答えるのは2022年11月以来である。
ファウチ博士は1月8日と9日に約7時間質問に答えることに同意したが、個人弁護士2名と政府弁護士2名を連れてくることが条件であったと、委員会は2023年末に発表した。

委員会のメンバーは、ファウチ博士がマスク政策でどのように立場を翻したかについて質問する予定である、と委員会の補佐官は述べた。ファウチ博士が2020年初頭に送った電子メールによれば、マスクはCOVID-19の感染を抑制する効果はないという立場から、マスク着用だけでなくマスク義務化の熱烈な支持者に転じたという。

国立アレルギー感染症研究所(NIAID)の所長を30年以上務めたファウチ博士は、COVID-19が中国の武漢にある研究所から流出したという説を軽視した出版物の草稿を促すような記述がある電子メール、非営利団体を通じて同じ研究所に資金を送ったこと、COVID-19の起源に関する他の政府高官とのやりとりについても質問を受けることになるだろう。

ファウチ博士は、COVID-19が武漢の研究所から来たという説を否定する『Proximal Origins』という出版物を起草した科学者たちと話をした。多くの専門家によれば、この説は否定されていないとのことである。

ファウチ博士はホワイトハウスの壇上からこの論文を宣伝したが、科学者の一人は下院小委員会が入手した電子メールの中で、ファウチ博士がこの論文を「促した」と述べている。
ファウチ博士は以前、この論文が研究所のリーク説を否定するために起草されたという考えは「陰謀の極み」だと述べているが、自分がこの論文を促したかどうかについては直接触れていない。
パンデミック初期の米国高官であったロバート・カドレック氏は最近、ファウチ博士がCOVID-19が自然起源であるという考えを広めた目的は、武漢の研究所から注意をそらすことであったと思うと述べた。

また、ファウチ博士は議会で、NIAIDは中国で行われたゲイン・オブ・ファンクションと呼ばれる、ウイルスを強化するような実験には資金を出さなかったと証言した。しかし、NIAIDの親機関が公表した文書によれば、武漢で行なわれたコウモリのコロナウイルスの実験では、オリジナルのウイルスと比較してマウスが病気になったということである。
医師であるランド・ポール上院議員(共和党)らは、ファウチ博士が嘘をついたと言っている。ポール医師はファウチ医師を起訴するよう米国検察当局に要請したが、検察当局がファウチ医師を起訴した形跡はない。

小委員会はまた、いわゆるブレークスルー感染、つまりワクチン接種者のCOVID-19症例についてもファウチ博士に質問する予定である。
ブレイクスルー症例は、2020年12月にワクチンが展開された直後から現れ始め、重篤な病気や死亡に至った症例も含まれている。一方、米国政府高官は2021年になっても、ワクチン接種者は発病しないと主張していた。

The Epoch Times紙が入手した2021年1月30日付の電子メールによれば、ファウチ博士が当時の上司である国立衛生研究所のフランシス・コリンズ所長とブレークスルーについて話し合っていたことがわかる。
ファウチ博士はこの議論について質問されるだろうと、小委員会の補佐官は指摘した。

その他の質問項目としては、企業や学校の強制閉鎖などの過酷な措置に対するファウチ博士の支持、ファウチ博士らによる感染後免疫(自然免疫)に関する発言、死亡者をCOVID-19の死亡者として分類する方法、ファウチ博士が印税をどのように受け取ってきたか、ファウチ博士の最高補佐官の一人が、情報公開法によってメッセージが公開されるのを避けるために個人的な電子メールを使用していたことを認めたこと、などが予定されている。
ファウチ博士は2022年末に所長の職を去って以来、コメントを求めても答えていない。

小委員会委員長のブラッド・ウェンストラップ下院議員(オハイオ州選出)はポッドキャストで、質疑は非公開で行われ、委員は “問題のいくつかを深く掘り下げることができる “と述べた。公聴会では、各メンバーの質問時間は5分しかなく、公聴会は通常数時間後に終了する。
小委員会は将来、ファウチ博士の公聴会を開く予定である。

「事後検証です。そして彼は、下された決定の多くについて語ることができる人物なのです」とウェンストルップ博士は語った。

ウェンストルップ博士は『エポック・タイムズ』紙の電子メールに、200ページ以上の質問と、自然免疫に関するメッセージを含む約100の展示物が、今週のために準備されていると語った。

「アメリカ人は、パンデミック時代の失敗についての説明を求め、またそれに値します。これは、ファウチ博士がCOVID-19の政策的立場を説明する機会です」とウェンストルップ博士は述べた。「この2日間、ファウチ博士の率直で透明性のある証言は、わが国の将来の公衆衛生対応を改善するために極めて重要である。

引用元:The Epoch Times

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00