Home 政治2024年米大統領選挙 オバマ大統領、パニックに陥りバイデン陣営に「積極的に」トランプ氏を標的にするよう要請

オバマ大統領、パニックに陥りバイデン陣営に「積極的に」トランプ氏を標的にするよう要請

by Jack World News

バラク・オバマ前大統領は、2024年の選挙についてパニックに陥っているようだ。

オバマ大統領は、民主党のジョー・バイデン大統領の選挙運動の「構造」について懸念を表明している。

必死の形相で、オバマはバイデンの盟友にドナルド・トランプ大統領をターゲットに「積極的に動く」よう呼びかけた。

オバマは「バイデンがオバマ自身の元選挙運動補佐官に助言を求めるよう勧め、バイデン関係者はそれを実行したと言っている」と、ワシントン・ポスト紙は週末の報道で詳述した。

記事の見出しはこうだ。 “トランプを心配するオバマ、バイデンのサークルに選挙運動を強化するよう促す”

「オバマ大統領はバイデン大統領の再選キャンペーンの体制に疑問を呈し、バイデン大統領と直接話し合い、大統領の側近や盟友に、選挙キャンペーンはホワイトハウスに報告することなく決定する権限を与える必要があると伝えた。」と同紙は報じている。

袂を分かった同紙によれば、この会話は「ここ数カ月の間にホワイトハウスで行われたプライベートランチ」で交わされたという。

その昼食会で、オバマ大統領はバイデン氏に対し、トランプ氏との対決を前に選挙戦を「強化」するよう直接促していたという。

トランプは現在、2024年の共和党候補として有力視されている。

第45代大統領は、多くの世論調査でもバイデンを圧倒している。

『ポスト』紙は、オバマ大統領が2024年の選挙とトランプの “政権復帰の可能性 “について “興奮気味 “に語ったことを明らかにした。

彼は「バイデンのアドバイザーたちに、選挙運動にはデルのウィルミントンにある本部にもっとトップレベルの意思決定者が必要だ、あるいはすでにいる人たちに力を与えなければならない」と語ったという。

オバマが「バイデン陣営に必要なタイプの上級戦略家」として言及した人物のひとりが、元オバマ大統領顧問のデイヴィッド・プルーフだった。

プルーフはオバマの2008年選挙キャンペーンを成功に導いた。

今月初め、プルーフは、もしリベラルな有権者が予備選でニッキー・ヘイリーを支持すれば、トランプが大統領になるチャンスを妨害できると示唆した。

「多くの人々にとって、それはあまりにも不愉快なことだろう」と、プルーフは水曜日のMSNBCで、大統領選挙でトランプを苦しめるために意図的にヘイリーに票を投じることについて語った。

「しかし、その気になる人たちにとっては、良い “戦術的 “な一手かもしれない」と政治戦略家は語った。

「トランプを止められるかどうかはわからない。」

「しかし、予備選の延長には役立つかもしれない。」

引用元:Slay News

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00