Home 政治不法移民 ランド・ポール、バイデンの国境開放政策に同調するミッチ・マコネルを非難

ランド・ポール、バイデンの国境開放政策に同調するミッチ・マコネルを非難

by Jack World News

バイデン政権が南部の国境の門を開き、事実上無制限の不法移民を受け入れるという計画を、ケンタッキー州のいわゆる上院「共和党」院内総務ミッチ・マコーネルが全面的に支持している。

同じくケンタッキー州のランド・ポール上院議員によれば、マコーネルはバイデン大統領とその内閣に同調し、国境の壁を建設すべきではなく、不法移民はアメリカに不法入国するのが当然だとすることで、党と有権者を裏切っている。

ポール議員は、FOXニュースの “The Ingraham Angle “の司会者ローラ・イングラハムに、「これは売り言葉に買い言葉だ。」と語った。

「不法移民、特に定住を目指す移民を受け入れ続けることになる。『今1日に5,000人を不法入国させているが、その後私達は、次に来る5,000人をその日のうちに阻止しようとするかもしれない』と言っているのだ。完全に売り言葉に買い言葉だ。マコーネル上院議員のような人たちは、ウクライナのことを何よりも気にかけているからだ。」

一日5000人の不法入国者によるアメリカ侵略を許すことに加え、マコーネルはバイデンの計画も支持している。7億3500万ドルもの税金を、こうした果てしない不法入国者の大群のための「市民権取得への道」に費やすというのだ。

イングラハムから、マコーネルの優先事項は何か、共和党と民主党のどちらに近い政党なのかと尋ねられたポールは、こう答えた。

「国境よりも何よりも、彼は600億ドルもの資金をウクライナに送ろうとしている。この問題では、彼はバイデンに近い。ウクライナに資金を送り、世界中のあらゆるところに資金を送るという問題では、マコーネルは共和党よりもバイデンに近いスタンスだ。」

 

マコーネルはアメリカ国民よりもウクライナやイスラエルに関心がある

ウクライナに白紙の小切手を書きたいだけでなく、マコーネルはウクライナとイスラエルのことも気にかけている。
彼はまた、イスラエルにも武器と金銭という形で際限のない軍事援助を送ることに固執している、
マコネルは、左右を問わず他の多くのアメリカ人政治家同様、イスラエル・ファーストの政治家なのだ。

マコーネルは、アメリカ国民の利益よりもウクライナとイスラエルを最優先させようとする共和党の先頭に立っている。マコーネルに言わせれば、これは必要な立場である。なぜなら、彼が最近記者団に語ったように、”世界は文字通り戦争状態にある “からだ。

マコネルはさらに、「私たちが去る前から世界は多くの危険にさらされていたが、今はさらにそうなっている」と述べた。「もちろん、我々は国境の状況を改善するための合意を得るために懸命に働いている。」

「間違ってはいけない。これは、ベルリンの壁が崩壊して以来、我々が直面している最も深刻な国際情勢だ。補則を可決する必要がある。その一環として、強力な国境条項が必要だ。私たちの望みは、結果を得ることであり、それをすぐに得ることだ。」

ロン・ジョンソン上院議員(ウィスコンシン州選出)は、マコネルの最優先事項はアメリカ国民ではなく、ウクライナへの資金確保である、とポール議員に同意する。

「それが彼の最初からのやり方だ。ウクライナ戦争に資金を提供し続けることに懐疑的な上院共和党議員は、賛成票を投じるだろう。」

アメリカは南の国境からだけでなく、内部からも攻撃を受けているのだ。

 

引用元:Natural News

You may also like

jackteam_logo_462x112_wh-rd

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00