Home TechAI 「AIは”民主主義”を救う。人間同士が仲良く”二極化しない”ようになる」と語るビル・ゲイツ

「AIは”民主主義”を救う。人間同士が仲良く”二極化しない”ようになる」と語るビル・ゲイツ

by Jack World News

マイクロソフトの共同創業者ビル・ゲイツは、人工知能(AI)が「人間」同士の振る舞いを規定するようになることを望んでいると示唆した。

ゲイツによれば、強力なAI技術は、社会が “二極化しないように “手助けしてくれるという。

ゲイツは、人類が政治や社会に関して異なる意見を持つことは、”民主主義を壊す”ので、”超最悪なこと”だと考えている。

木曜日のポッドキャストでのOpenAI CEO サム・アルトマンとのディスカッションで、ゲイツはAIが “人間同士”を “仲良く “させることで、これらの疑惑の問題を解決できると語った。

ゲイツはまた、彼のブログサイトGatesNotesに投稿された “Unconfuse Me with Bill Gates “のエピソードで、理想的な世界においてAIがどのように世界平和と社会的結束の強化につながるかについてのビジョンを述べた。

マイクロソフトは、ChatGPTを開発するOpenAIの最大の支援者である。

木曜日、マイクロソフトは一時的にアップルを追い抜き、時価総額で世界最大の企業となった。

同社の価値が急上昇しているのは、人工知能のブームによるもので、マイクロソフトに大きな追い風となっている。

ソフトウェア会社の株価は木曜日の取引開始時に約1%上昇し、時価総額は28億7,000万ドルに達し、株価が約1%下落したiPhoneメーカーをわずかに上回った。

マイクロソフトとOpenAIの両社は、その主要人物とともに、ホワイトハウスや上院議員、世界の指導者たちとのAI規制に関する協議に参加している。

ゲイツは、「私は、AIが最善の場合、いくつかの困難な問題を解決するのに役立つと思います。」

「そこには二極化ということも含まれている。分極化は民主主義を壊す可能性があり、それは非常に悪いことだ。」

ポッドキャストでは、ゲイツとアルトマンはAIが世界平和を確立する可能性についても議論した。

「AIが戦争を減らし、二極化を抑える手助けになるかどうか。知能レベルを高めれば、二極化などしないことは常識であり、戦争をしないことも常識だと思うだろうが、多くの人は懐疑的だと思う。」とゲイツは語った。

「人間同士が仲良くなることにAIが貢献できると考えれば、それは極めてポジティブなことだと思います。」

とアルトマンは答えた。

「テクノロジーにどれだけのことができるのか、きっと私たちを驚かせることでしょう。」

「私達はそれを見極めていかなければならない。しかし、私はとても楽観的にとらえている。」

「私もそう思う。」

 

引用元:Slay News

You may also like

jackteam_logo_462x112_wh-rd

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00