Home 社会グローバリズム・全体主義 WHOとグローバリストのエリートがサミットで「疾病X」について議論

WHOとグローバリストのエリートがサミットで「疾病X」について議論

by Jack World News

「COVID-19の20倍の死者を出す」パンデミックの予測

世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム・ゲブレイエスス事務局長は、WHOがCOVID-19に関連する世界的な健康上の緊急事態を公式に終了したわずか数週間後に、地球はCOVID-19よりも致命的な病気に備えなければならないという警告を発したことが思い出される。

このサミットは1月17日にスイスのダボスで開催される。

ゲストスピーカーは以下の通り。

テドロス・アダノム・ゲブレイエススWHO事務局長
シャム・ビシェン、WEF保健医療センター長
ロイ・ヤコブス、ロイヤル・フィリップスCEO
プリータ・レディ、アポロ病院取締役副会長
ニシア・トリンダーデ・リマ、ブラジル保健大臣
ミシェル・デマレ、アストラゼネカ取締役会長
ジャミール・エドモンド・アンダーリーニ、ポリティコ誌ヨーロッパ担当編集長

これらのエリートたちが行ったようなプロパガンダやワクチン接種戦略を推し進めるために、言論の自由を制限するような措置を検討する可能性が高い。

モニカ・クラウリー元財務次官補はこう書いている。「選挙に間に合うように、新たな伝染病がWHOの新条約を実施させ、再び封鎖し、言論の自由を制限し、さらに自由を破壊する。奇想天外に聞こえるだろうか?2020年に起きたこともそうだ。敵が何を企んでいるのか、何を企んでいるのか、敵が話したら、それを信じなさい。そして備えよ。」

公人、作家、医師、科学者であるピーター・マッカロー博士はこう書いている。「『疾病X』とは、高収益を上げ、政府が購入し、全世界に何度も何度も投与されるワクチンを製造するために、病原体(ウイルス、バクテリアなど)を作り出すという概念であり、WEFとゲイツ財団によって結成された『疫病対策イノベーション連合(CEPI)』ワクチンの事業計画である。」

引用元:The Gateway Pundit

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00