Home 政治バイデン犯罪一家 彼らはまた嘘をついている。ハンター・バイデンの宣誓証言の理由はこれ以上ないほど明確

彼らはまた嘘をついている。ハンター・バイデンの宣誓証言の理由はこれ以上ないほど明確

by Jack World News

ハンター・バイデンは、非公開の宣誓証言を求める議会の召喚令状に逆らい、彼の決定を擁護する左派からなぜか同情を集めている。しかし、非公開宣誓証言の理由はこれ以上ないほど明確であり、左派はまた嘘をついているだけだ。

ハンターは水曜日の監視委員会の公聴会に突然現れ、非公開の宣誓証言の召喚状を拒否した大統領の息子を議会侮辱罪で拘束することになった。ハンター氏は12月13日、非公開の宣誓証言に応じる代わりに議会で記者会見を開き、議会の召喚令状に背いた。

ハンターの弁護士であるアッベ・ローウェルは、共和党には「党派的な不適切な動機」があり、これは「共和党が政治闘争の中で繰り返し悪用してきた、証人の発言を選択的にリークして誤魔化す戦術」の一部であると述べた。

ローウェルはハンターを擁護するために金をもらっているが、他の左翼のクソどもはタダでやったのだ。

 

 

カリフォルニア州選出の民主党議員ケイティ・ポーターは、共和党は非公開の宣誓証言を要求する “容認できない立場 “だと述べた。ポーター氏は、公開の宣誓証言の方が透明性が増すとし、「党派的な口論は理解できない」と述べた。

民主党のメリーランド州選出ジェイミー・ラスキン下院議員は声明で、召喚令状に従わなかった民間人を議会侮辱罪に問う「前例はない」と述べた(スティーブ・バノンとマーク・メドウズが非公開の召喚令状に従わなかったとして議会侮辱罪に問われたわずか3年後のことだ)。

一方、報道各社は、ハンターの不服従を合理的な交渉として描こうとしている。

ニューヨーク・タイムズ紙は、ハンターは 「バイデン大統領の弾劾調査において何度も公に証言することを申し出てきたが、密室での事情聴取は拒否してきた」とし、ハンターの突然の出廷は “公に証言できるようにしている “ことを示すものだと述べた。

タイムズ紙は、ハンター氏は 「共和党が彼の証言を誤魔化そうとして選択的にリークすることを恐れている」と説明した。

しかし、ハンターを非公開で証言させることこそ、このプロセスが機能すべき方法なのだ。

共和党のテキサス州議員パット・ファロンは、ハンターが非公開の宣誓証言で最初に証言する必要がある理由を正確に説明した。

「本当のところ、これはプロセスなのです。宣誓証言は、皮肉なことに、委員会の公聴会と同じ部屋で行われる。つまり、時間は無制限なのです。公開証言の場合、各議員の持ち時間は5分しかないので、合計すると約5時間になり、その半分の時間が民主党議員に割かれ、民主党議員は軟弱な質問をすることになる。だから真実を知るためには、私的な宣誓証言が必要であり、その後に公聴会がある。ハンター・バイデンは、このプロセスを迂回し、最後にちょっとしたお菓子を食べたいだけなのだ。しかし、これは効果的な方法ではない。」

だが、”党派的 “な共和党員に言われる筋合いはない。左寄りの報道機関や政治家たちから言ってほしいのだ。

カリフォルニア州選出のアダム・シフ議員は2019年、ドナルド・トランプ前大統領の弾劾調査に関して、非公開で事情聴取を行う理由は健全であり、徹底的かつ公正な調査の最善の利益に基づくものだ 」と説明した。

「証人が互いの証言を調整して出来事の説明を一致させたり、真実を隠したりする可能性がないようにすることが最も重要である。」

『ニューヨーク・タイムズ』紙のニック・ファンドスは、同年、民主党が「人目につかないところで多くのことを行っている」理由を説明した。

「民主党はできるだけ早く、できるだけ多くの情報を集めようとしている。テレビ用に作られた大がかりな公聴会は、証拠固めを試みるには無秩序で雑なやり方だ。証人たちが事前に話を並べることができるため、リアルタイムで公的な物語を構築しようとする民主党の逆鱗に触れやすいのだ。

もちろん次の疑問は、なぜハンター・バイデンが証言する必要があるのか、ということだ。

ここからは、オレゴン州選出のクリフ・ベンツ議員に任せよう。

「国民は、ハンター・バイデンと彼の父親の間で長年にわたって影響力の売買が行われていたと信じている。それは本当なのか?ジョー・バイデンが息子のハンター・バイデンらの不正行為に直接関与していたのか、あるいは利益を得ていたのかどうか。ハンター以上に重要な証人がいるだろうか?」

そしてベンツは、大統領一家が影響力の売却疑惑を通じて、いかに数百万ドルを受け取ってきたかを説明した。

 

下院監視委員会は、大統領と影響力売買を結びつける証拠の数々を公表した。委員会は10月、ジェームズ・バイデンが2018年3月1日にジョー・バイデンに書いた20万ドルの小切手を公開したが、これはアメリコアがジェームズ・バイデンに20万ドルの融資金を送ったのと同じ日だった。ジェームズ・バイデンは訴訟によると、アメリコアに自分の名前が「扉を開く」ことができると約束した。

他の文書によると、ハンターは父親が副大統領の座にある間に、中国企業とのビジネス関係を始めていた。ハンターの仕事仲間であるジェームズ・ギリアーは、2017年5月、ジョー・バイデンにハンターの中国関連企業との事業計画で10%の所有権を与えることを提案したことで悪名高い。

ハンターのビジネス取引について答えるべき疑問は尽きないが、彼が腰を据えて真実を語ろうとしないのは、それを物語っているように見える。まあ、政府に対して少しでも懐疑的な人々にとっては、それが真実なのだろう。

 

引用元:Daily Caller

You may also like

jackteam_logo_462x112_wh-rd

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00