Home 政治2024年米大統領選挙 オレゴン州最高裁、2024年の投票からトランプ氏を排除するよう求める裁判を却下

オレゴン州最高裁、2024年の投票からトランプ氏を排除するよう求める裁判を却下

by Jack World News

オレゴン州最高裁判所は、ドナルド・トランプ大統領を2024年の大統領選挙から排除しようとする裁判の審理を拒否した。

この訴訟は、第45代大統領が合衆国憲法修正第14条に違反していると虚偽の主張をすることで、トランプ氏が同州の投票用紙に記載される資格を争うものであった。

オレゴン州の有権者5人は、トランプ氏が2021年1月6日に連邦議会議事堂で起きた事件で「反乱を起こした」とされるため、選挙資格がないと主張している。

しかし、1月6日は暴動ではなく、トランプはそのような罪で有罪判決を受けたこともない。

裁判所は審理を拒否した。

判事は、第一次段階でこの問題を扱う権限がないことを理由に挙げた。

「本日、オレゴン州最高裁判所は、2024年のオレゴン州共和党予備選挙および総選挙の投票用紙にドナルド・J・トランプが記載されることを阻止することを求めるオレゴン州の有権者5人(原告)による異議申し立てを、ひとまず審理することを拒否した」と、同裁判所は金曜日にプレスリリースで発表した。

全米のいくつかの州の民主党は、州の投票用紙からトランプの名前を削除するための法廷闘争の真っ最中である。

彼らは、1月6日のトランプ氏の行動が、憲法に対する「反乱または反抗に従事した」者は政治職に就くことができないという憲法修正第14条の条項に違反しているという誤った主張を押し続けている。

最高裁は、トランプ大統領がコロラド州共和党大統領予備選の投票用紙に記載されるかどうかについての弁論を行う予定だ。

最高裁判事は、2月8日に弁論を行い、迅速な審理を行うと述べた。

「司法修習令状を求める請願を認める」と、連邦最高裁判所の決定は述べている。

「本件は2024年2月8日(木)に口頭弁論が行われる。

「本案に関する申立人の準備書面、およびそれを支持する、あるいは支持しないアミカスキュリエの準備書面は、2024年1月18日(木)までに提出される。

連邦最高裁判事は、コロラド州務長官に対し、トランプ氏の名前を共和党予備選の投票用紙に記載するよう命じる行政停止処分を下した。

トランプ氏の名前は、少なくともこの裁判が決着するまで残されなければならない。

州最高裁は、憲法修正第14条条項に基づく候補者の投票除外に関する連邦最高裁判所の予想される判決を受け、今後の申し立てに門戸を開いた。

オレゴン州裁判所のメディアリリースは以下の通り。

「憲法修正第14条に関する連邦最高裁判所の判決により、オレゴン州での訴訟において関係者が主張する1つまたは複数の争点が解決される可能性があるため、オレゴン州最高裁判所は、命令により関係者の強制執行申立を却下したが、連邦最高裁判所の判決後に残る可能性のある争点の解決を求める新たな申立を行う能力を損なうものではない」

 

引用元:Slay News

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00