Home Uncategorized 連邦判事、トランプ氏のネバダ州投票資格に対する異議申し立てを却下

連邦判事、トランプ氏のネバダ州投票資格に対する異議申し立てを却下

by Jack World News

連邦判事は月曜日、ドナルド・トランプ前大統領のネバダ州投票への参加資格に対する異議申し立てを却下した。

グロリア・ナバロ連邦地裁判事は、全米でトランプ氏の投票資格に対する異議申し立てを行なってきた自称共和党の第一次候補ジョン・アンソニー・カストロ氏には訴える資格がないと判断した。ウェストバージニア州、アリゾナ州、ロードアイランド州の連邦裁判官も同様の判決を下しており、最高裁は10月、カストロがフロリダ州で起こした訴訟の上告を受理することを拒否した。

「複数の連邦裁判所はすでに、カストロの憲法修正第14条の訴えを、トランプに立候補資格があるかどうかの是非を論じることなく、原告適格の欠如を理由に棄却している。」少なくとも5つの連邦裁判所は、カストロの政治的競争者としての立場の主張を明確に退けている。

 

 

カストロ氏は、憲法への宣誓をした後に反乱を起こした人物が大統領になることを制限する憲法修正第14条第3項により、トランプ氏は投票資格がないと主張した。カストロ氏は、トランプ氏が投票に参加すれば得票数が減るため、トランプ氏は不利になると主張したが、裁判官は、トランプ氏の選挙運動は訴訟を追求するためだけに存在すると判断した。

 

しかし、トランプ氏はネバダ州共和党の2月8日の党員集会に参加するため、同州の予備投票にはまだ登場しない。

ネバダ州では、2021年に民主党のスティーブ・サイゾラック知事が署名した法律により、共和党の候補者を選ぶために党員集会と予備選の両方が行われることになった。

最高裁は金曜日、憲法修正第14条の下で前大統領の投票資格を検討することに同意し、トランプ氏を同州の投票対象から外したコロラド州最高裁の判決に対するトランプ氏の上告を審理することに同意した。コロラド州での裁判は、左翼団体CREW(Citizens for Responsibility and Ethics in Washington)によって起こされた。

メイン州のシェンナ・ベローズ州務長官も同様に、トランプ氏は12月28日の同州の投票用紙に記載する資格がないとの判決を下した。

コロラド州の判決に対するトランプ氏の上訴を検討する口頭弁論が2月8日に開かれる。

 

引用元:Daily Caller

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00