Home 政治戦争 イラン、ロシアがウクライナで使用する新型ハイテク戦闘ドローンを開発

イラン、ロシアがウクライナで使用する新型ハイテク戦闘ドローンを開発

by Jack World News

イランが、ウクライナで進行中の特別軍事作戦でロシアが使用するために、新たなハイテク攻撃・偵察用無人機を開発したことが、新たな報告書で明らかになった。

最初の報告によると、Shahed-107と命名されたこの新型無人機は、「爆発偵察」無人航空機(UAV)であり、ウクライナ軍が使用するアメリカや西側が供給する兵器システム(破壊的な多連装ロケットプラットフォームなど)のような、戦場での価値の高い標的を探し出すために、ある種の技術が搭載されている可能性があるという。(関連記事 ロシアは、ウクライナが西側から供与された無人機群に匹敵する戦闘用無人機を大量生産するという目標に向かって前進している)

スカイニュースの取材に応じた情報通の安全保障関係者は、200万ドル以上と見積もられる取引で、特別に設計された無人機が「数台」ロシアに提供されたと指摘した。この情報筋によれば、これは “ウクライナに関するロシアの利益を支援するためにイランが行っている重要な戦力設計作業 “を反映しているという。

Shahed-107に関する確認された仕様は、公式ソースによってまだ公表されていない。しかし、スカイ・ニュースの情報源によれば、この新型ドローンは、神風式に指定された目標に墜落するのを待つ間、自律的に地域上空でホバリングすることができるシャヘド・ファミリーのロイタリング弾、つまり単発使用ドローンの一部である。

Shahed-107の翼幅は約10フィートで、機首から尾翼までの長さは約8フィートである。イラン中部の空軍基地で、ロシアの代表が立ち会う中で初めて試験運用され、主に車両の後部から発射される。

このUAVの最大航続距離は1,500km(932マイル)で、ロシアのドローンオペレーターが戦場の最新偵察映像を受信し、他のUAVや兵器システムが攻撃する目標を特定できるよう、ライブストリーミング送信機を取り付けることができると考えられている。

スカイ・ニュースの取材に応じたウクライナの政府関係者は、Shahed-107の開発に関する主張は「おそらく真実」であり、ウクライナにとって「大きな懸念」であると述べた。

 

ロシアはジェットエンジンを搭載したShahed無人機も使用している可能性がある

ウクライナの高官は、イランの主な目標のひとつは、無人機をより高速化することだと指摘する。ドローンを高速化する一つの方法は、ジェットエンジンにすることである。

ロシアがすでに、Shahed238として知られるイランのジェットエンジン搭載無人偵察機を使用している可能性があるという証拠が出てきた。ウクライナで撃墜されたロシアの無人機の写真や動画がソーシャルメディアに出回っているが、これは、ウクライナの標的に向けて発射されたシャヘド238の残骸、あるいはそのプロトタイプの亜種か派生型だと言われている。

 

ドローンの外見上確認できる唯一のマーキングは、ボディの一部に書かれた “MJO “または “MJ0 “である。オープンソース・インテリジェンス(OSINT)のアナリストは、プロペラ式のシャヘド-136のような他のロシアのシャヘドは、”M “で始まる英数字のマーキングが確認されており、シャヘド-238の “J “は “ジェット “を表している可能性があると指摘している。ウクライナ上空で撃墜されたと思われるシャヘド238の他の例では、Jだけで始まるマーキングが目撃されている。

同じOSINTアナリストや他の軍事専門家は、ドローンのエンジンはチェコPBSエアロスペースTJ100エンジンのイラン製クローンであるTEMトルエ10である可能性があると指摘している。Tolue-10は以前、イランが設計した複数の巡航ミサイルのエンジンとして確認されている。

ロシアのウラジーミル・ポポフ空軍大将は12月上旬、国営スプートニクTVの取材に応じ、シャヘド238の直前型であるシャヘド136のロシアでの呼称であるジェラン2のジェットエンジン搭載型が配備される方向にあると指摘した。彼は、シャヘドがジェットエンジンを搭載していることを確認し、最高速度は時速800キロ(時速497マイル)だと主張した。ちなみに、プロペラを動力源とするシャヘド136の巡航速度は時速111マイル程度である。

もしこれが正確なら、Shahed-238はプロペラ機よりもかなり速く目的地までの距離を移動できることになる。その結果、ウクライナの防衛側は、対空システムでドローンを標的にするか、迎撃ミサイルを発射することで、ドローンに反応する時間を短縮することができる。

ウクライナの対ドローン防衛はすでに、より伝統的な資産に加えて、追加の対ドローン能力を提供する主にアドホック・モバイル・チームに大きく依存している。

キエフの軍事目標を攻撃するShahed-136ドローンを映した “Military Tube Today “のクリップをご覧ください。

 

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00