Home 生活コロナワクチン メアリー・タリー・ボウデン博士、イベルメクチンがCOVIDジャブによるダメージの克服に役立っていると語る

メアリー・タリー・ボウデン博士、イベルメクチンがCOVIDジャブによるダメージの克服に役立っていると語る

by Jack World News

BREATHEmdのメアリー・タリー・ボウデン博士によれば、イベルメクチンの助けによって患者たちは救済されつつあるという。

ボウデン医師は最近、The Gateway Punditの “Beyond the Headlines “の司会者アイボリー・ヘッカーと、彼女が自身の診療所で目にしている健康問題について語った。

「この2年間で、新患の予約の7パーセントが、この予防注射によって慢性的な衰弱状態に陥った人たちでした」と、ボーデン医師は武漢コロナウイルス(COVID-19)の “ワクチン “について説明した。

「他の医療製品では見たことがありません。脳卒中や心筋炎で来院する人はあまり見かけません。継続的な問題を抱えた人たちを診るのですが、彼らは非常に難しく、かなり困難なのです。」

ボウデン博士によれば、このような患者は一般的には改善しているが、一般的にはまだ長引く問題があり、それは注射の内容に深刻な問題があることを示唆している。

「最もよく見られるのは体位性頻脈症候群で、血圧と脈拍が乱高下するものです。ひどい発疹もあります。ひどい発疹が出たり、説明のつかない激痛が起こったりします。疲労感やひどい気分。震えが見える。神経障害も見られる。」

「これらの患者は非常にイライラしている。100万ドルの検査を受けても、たいていは何も出てこない。そのため、他の医師は精神科の薬や睡眠薬、不安神経症の薬を処方し、そのまま帰らせるのです。とても悲しいことです。」

 

ボウデン博士「予防接種の中止を訴えよう」

ボウデン医師は、COVIDの予防接種がすべての症例に当てはまるわけではないとしながらも、予防接種を受けた患者に何度も見られる症状には共通したパターンがあることを認めている。

「同じような症状が何度も繰り返されるのです。そして、そのような症状は、通常であれば健康な人々に起こっているのです。」

治療戦略について尋ねると、ボウデン博士は、スパイク蛋白に結合するイベルメクチンから始めるのが普通だと答えた。イベルメクチンには20種類の作用機序があり、抗炎症作用もある。

「私がイベルメクチンから始める理由は、文献に書かれていること以外に、臨床的には、これらの注射で本当にひどい発疹を起こした患者を何人か見てきましたが、イベルメクチンを投与するとかなり劇的に治りました」とボーデン医師は説明した。

彼女や彼女の同僚が見ているものに基づいて、ボウデン博士と少なくとも50人の他の人々は、公衆衛生のためにCOVIDワクチンを直ちに市場から撤退させるよう連邦政府に求めている。

「効果がないことは長い間わかっていましたし、私のような医師はそれがどれほど危険なものかを知っています。他の製品であれば、とっくの昔に市場から撤去されているでしょう。」

 

引用元:Natural News

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00