Home 生活パンデミック ファウチ、2日目の面談で義務化と研究室流出仮説について議論、米共和党が発表

ファウチ、2日目の面談で義務化と研究室流出仮説について議論、米共和党が発表

by Jack World News

下院共和党は火曜日、アンソニー・ファウチ氏との面談を終了し、元ホワイトハウスCOVID-19政策顧問が、パンデミック時に彼の監督下で実施された政策の弱点と、感染症発生に対する将来の備えについて議論したと発表した。

コロナウイルスのパンデミックに関する特別小委員会のブラッド・ウェンストラップ委員長(共和党)は、火曜日のセッション終了直後にワシントン・エグザミナー紙に語った。「議事録が出来上がれば、彼の言葉がたくさん出てくるだろう。」

ランキング・メンバーのラウル・ルイス(民主党)は火曜日の夕方、声明を発表し、14時間に及ぶ証言の全記録をできるだけ早く公開するよう多数派に求めた。

ルイズは月曜の証言録取には出席しておらず、火曜の7時間の証言のうち1時間に出席しただけだった。

証言録取の公開時期について質問されたウェンストルップ氏は、公開前にフォーチの弁護士とともに、両陣営の弁護士が文書を確認する必要がある、と答えた。

ウェンストルップは、小委員会の仕事は将来のパンデミックに備えるための “事後検証 “だと述べているが、ドナルド・トランプ大統領とジョー・バイデン大統領の元顧問は改善点を認識していたと述べた。

ウェンストルップ氏はワシントン・エグザミナー紙に対し、ファウチ氏は「義務化によってワクチン接種へのためらいが増す可能性があることを認めた」と語った。

「パンデミック時に連邦政府が課したワクチン接種の義務化について、ウェンストラップ氏は「彼の心の中には入り込めませんが、彼はそれが命を救うと思ったので、正しいことだと思ったのだと思います」と語った。

ワシントン・エグザミナー紙は、ファウチの現在の雇用主であるジョージタウン大学にコメントを求めた。

2021年以降、様々な呼吸器疾患やその他の感染症に対するワクチン接種率は著しく低下しており、公衆衛生関係者や、共和党医師議員連盟の共同議長でもあるウェンストラップ氏のような医師の間で警戒感が高まっている。

「我が国には問題があり、人々はワクチンを接種したがらないのです。mRNAワクチンは違います。メッセージは決していいものではなかった。教化されていたのです。」

ウェンストルップ氏によれば、ファウチ氏は委員会メンバーに対し、社会的距離を6フィート(約1.5メートル)に制限したのは、”データに基づいたものではない “が、”たまたまそうなった “と語ったという。

ウェンストルップは、2日間のプロセスから得られた最大の収穫の一つは、”説明責任と責任があまりない “ことだと語った。

「問題がどこにあるのかを特定し、より理にかなった構造を構築する必要がある。信頼関係が壊れている。」

1968年から国立衛生研究所に勤務していたファウチは、2022年12月に公務から退いた。2023年7月にジョージタウン大学の医学部および公共政策の教授陣に加わる。

引用元:Washington Examiner

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00