Home 政治2024年米大統領選挙 ジョージア州下院議長、カーリング対ラフェンスパーガー訴訟が進行する中、投票用紙のQRコード廃止と独立した監視を求める

ジョージア州下院議長、カーリング対ラフェンスパーガー訴訟が進行する中、投票用紙のQRコード廃止と独立した監視を求める

by Jack World News

火曜日、6年にわたる連邦訴訟「カーリング対ラフェンスペルガー裁判」がついに始まった。 この訴訟は、記入された丸ではなくQRコードを通して有権者の意思が読み取られる、検証不可能な紙の投票用紙を作成する投票機から桃の州を脱却させることを目的としている。

The Gateway Punditが月曜日に報じたように、ジョージア州の州務長官が証言に呼ばれる証人のリストから外れることは注目に値する。

昨日、ジョージア州商工会議所の集まりで講演したジョン・バーンズ下院議長は、投票を指定する違憲のQRコードの廃止を求めると同時に、州務長官室の独立した監視を求めた。

AJCより

「2024年は再び極めて重要な選挙となり、ジョージア州は再び国家の政治的震源地となるだろう。したがって、選挙を保護し、透明性を高め、有権者の参加を増やす努力を継続するために、全力を尽くすことが重要です。」

ジョージア州の投票技術は信頼に足るものではない、という保守的な有権者や選挙セキュリティ擁護者からの苦情を受けたバーンズ氏の選挙年提案。バーンズ氏の支持によって、今週から始まるジョージア州総会の年次立法会期中に、ジョージア州の投票法を変更する法案が提出される可能性がある。火曜日にアトランタで始まった連邦裁判でも、投票システムの安全性が問われている。

「私たちは、多くの有権者が混乱すると感じているQRコードから、有権者が選択したことを示すセキュリティペーパー上の目に見える透かしへと移行することで、投票用紙のセキュリティを強化するつもりです」とバーンズ議長は述べた。

バーンズ議長はまた、州選挙管理委員会と国務長官との関係を批判した。 先月、州選挙管理委員会は、何万票もの投票が検証されなかったという重要な申し立てを削除し、大きな批判を浴びた。 ほぼ同じ主張が、カリフォルニア大学バークレー校のフィリップ・スターク教授によるカーリング対ラフェンスパーガー裁判の提出書類でもなされている。

さらに、同じ公聴会の中で、州選挙管理委員会は、州知事のオフィスによる矛盾の確認や州選挙管理委員会とフルトン郡との間で結ばれた同意判決にもかかわらず、州の最高選挙管理官によっていまだに説明も改善もされていない、不正確極まりない手作業による再集計について、州長官を調査することに反対票を投じた。

州選挙管理委員会は昨年、委員長の席で椅子取りゲームを繰り広げた。 8月にウィリアム・ダフィー元連邦判事が退任した後、マット・マッシュバーンが議長代理となり、12月19日の審理を主宰し、不利なSEB 2023-025を訴訟事件から削除した。

現在はワッフル・ハウスの副社長であるジョン・フェルヴィエが委員長を務めている。 AP通信によると、フェルヴィエ氏は選挙経験はないが、ジョージア州ノークロスに本社を置く全米規模のレストラン・チェーンで「保険、危機管理、労災補償、警備を監督」している。

引用元:The Gateway Pundit

You may also like

jackteam_logo_462x112_wh-rd

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00