Home 政治世界の政治 ノルド・ストリーム・パイプライン調査におけるポーランドの妨害が捜査当局に警鐘を鳴らす

ノルド・ストリーム・パイプライン調査におけるポーランドの妨害が捜査当局に警鐘を鳴らす

by Jack World News

この時点で、ノルドストリーム・パイプラインの破壊工作はすでに古い歴史になったと思われても仕方がないかもしれない。結局のところ、主要メディアとテレビのゴールデンタイムのニュース報道は、ロシアが無関係であることが明らかになるや否や、大概の場合「前に進んだ」のである。

現時点では、ロシアからドイツへの天然ガスパイプラインNS-1およびNS-2を不能にした2022年9月26日の一連の爆発には、ウクライナおよび/または西側諸国が関与していたというのが、モスクワの猛烈な敵の間でさえコンセンサスとなっている。MSMの情報源は、小さなヨットに乗った親ウクライナの謎の工作員グループだったという説を支持しているが、伝説的な調査ジャーナリスト、シーモア・ハーシュは、ノルウェーの情報機関の助けを借りたCIAと米海軍の特殊作戦だったと報告している。

それ以来、ドイツ、デンマーク、スウェーデンによる事件の詳細に関する調査が進行中で、非常に興味深い漸進的な進展が続いている。今週、ウォール・ストリート・ジャーナル紙の報道で明らかになったのは、ポーランドの調査妨害が明らかになったことである。

WSJの報道によれば、「ポーランド当局は、ノルド・ストリーム天然ガスパイプラインの妨害行為に関する国際的な調査に協力することに抵抗し、重要な証拠を開示しなかった。」

ポーランドの当局者は情報提供に手間取り、妨害工作員がポーランド国内でどのような動きをしたかという重要な証拠を隠していた、と捜査当局は述べている。彼らは現在、12月に発足したワルシャワの新政権がこの攻撃に光を当ててくれることを期待している。

欧州の捜査当局は以前から、攻撃はウクライナからポーランド経由で行われたと考えてきた。しかし、高官によれば、ワルシャワが全面的な協力をしなかったために、攻撃が旧ポーランド政府の知るところで起きたのか、それとも知らずに起きたのかを立証するのが難しくなったという。

さらに、”第二次世界大戦以来、ヨーロッパ大陸で最大の破壊行為の捜査のために、ポーランドの新首相ドナルド・トゥスクの事務所に協力を要請することを検討しているという欧州高官もいる “という。

同報道によれば

捜査当局は、ポーランド政府と爆発を結びつける証拠を提示しておらず、ポーランド政府関係者が関与していたとしても、それは政治指導部の知らないところで行われた可能性があるとしている。しかし、ポーランド政府高官による捜査妨害の努力は、ワルシャワの役割と動機に対する疑念を強めているという。

ポーランドはもちろん東欧を代表するNATO加盟国であり、ポーランドの諜報機関や軍が関与していても何ら不思議ではない。米国は最近、NATOのいわゆる東側陣営の一員として、防衛問題でポーランドと手を取り合ってきた。

 

特にモスクワは、このような報道を注視しているのは間違いないだろう。このことは、何年も続くと思われる欧州の公式調査には、まだまだ驚きと爆弾の可能性があることを強く示唆している。妨害工作の全貌を世界が知ることができるかどうかは、また別の問題である。

 

引用元:Zero Hedge

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00