Home 政治2024年米大統領選挙 オバマ大統領、トランプ大統領がバイデンを打ち負かすことへの懸念を強めているとの報道「計り知れないダメージ」

オバマ大統領、トランプ大統領がバイデンを打ち負かすことへの懸念を強めているとの報道「計り知れないダメージ」

by Jack World News

ミシェル・オバマも最近、2024年の選挙で起こりうることについて「恐怖を感じている」と表明

オバマ前大統領は、2024年の大統領選挙が近いことに不安を募らせており、トランプ前大統領がホワイトハウスを奪還することを恐れているという。

オバマ大統領の最側近の一人であるエリック・ホルダー元司法長官はUSAトゥデイ紙に対し、トランプ氏が共和党の指名を獲得し、今年11月にバイデン大統領を破った場合、国に「計り知れない損害」がもたらされる可能性があると語った。

ホルダー氏は、同誌の質問に対し、オバマ大統領も「絶対に」同じ考えを持っていると認めた。

「それが彼を動かしているのだと思う。それが彼を突き動かしているのだと思う。」

USAトゥデイ紙によれば、オバマの側近たちはさらに、オバマは選挙戦が極めて接戦になると考えているという。このため、オバマは選挙戦を通じて計算された場面でバイデンへの「針」を動かそうとするだろう。

また、オバマ大統領は、2024年の情勢は「共和党に有利な大きな構造的利点」があると考えており、トランプ氏が再び勝利することは “危険 “だと考えている、とも語っている。

「オバマ大統領はそのためにできる限りのことをするつもりであり、それは選挙運動も意味するが、(バイデンと)戦略的アドバイスを共有することも意味する」とホルダー氏は同誌に語った。「そして、選挙運動の主要なアドバイザーとして、オバマ大統領以上の人物がいるだろうか?」

前大統領の不安は、彼の妻であるミシェル・オバマ前大統領夫人が、2024年の選挙で何が起こりうるかについて「恐れている」と語ったことに端を発している。

最近のポッドキャスト出演で、ミシェル・オバマは夜眠れないのは何か、最大の恐怖は何かと質問された。

「それは私個人というよりも、私たちがいる世界と関係があります」と彼女は答えた。世の中には “知りすぎている “ということがある。

さまざまな地域での戦争や人工知能の将来、気候変動や投票率など、さまざまな懸念が彼女の頭を悩ませているが、アメリカの次期大統領選挙はその最たるものだ。

「自分ではどうすることもできないから。私たちはどこにいるのだろう?私たちの心はどこにあるのだろう?次の選挙で何が起こるのか?」

「私たちのリーダーが重要なのだから。私たちが誰を選ぶか、誰が私たちの代弁者なのか、誰があの威勢のいい教壇に立つのかが、時には人々が当たり前だと思っているような形で私たちに影響を与えるのです。」

引用元:Fox News

You may also like

jackteam_logo_462x112_wh-rd

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00