Home 政治ホワイトハウス ロイド・オースティン国防長官についてジョン・カービー記者を尋問

ロイド・オースティン国防長官についてジョン・カービー記者を尋問

by Jack World News

ホワイトハウスはオースティンの現在地を明言できない

ホワイトハウス国家安全保障会議のジョン・カービー報道官は、水曜日の記者ブリーフィングで、ロイド・オースティン国防長官がまだ入院しているのか、それとも退院したのか、という記者の質問に答えることができなかった。

カービー報道官はブリーフィングの冒頭で、オースティンは火曜日に紅海と中東の紛争についてジョー・バイデンや他の国家安全保障の主要人物とのブリーフィングに参加したと記者団に語った。

その後、ブリーフィングに参加したときオースティンはどこにいたのかと尋ねられると、苦しそうな表情のカービーは、悔しそうに首を振り、オースティンは火曜日にバイデンのブリーフィングに参加したとき病院にいたと答えた。

カービーはオースティンに関するいくつかの質問を受け、オースティンが土曜日の電話でバイデンに前立腺癌の診断を伝えなかったことを確認した。オースティンは、癌の診断について1ヶ月間秘密にしており、その後、手術を受けたこと、合併症でICUに入院したことも秘密にしていたため、共和党から辞任や解雇を求める声が上がっていた。

ある報道で、オースティンが行方不明であることに誰も気づかなかったことを考えると、オースティンは政権にとって “必要不可欠な “メンバーなのかと質問されたカービー氏は、オースティンを擁護した。

ホワイトハウスは、バイデンはオースティンを解雇するつもりはないとしている。

バイデンのジョン・カービー報道官は、オースティン国防長官が行方不明になっているスキャンダルの中、どこで “用事 “を済ませていたかは明言しない。

 

オースティンは、土曜日にバイデンと話したとき、バイデンが癌であることを告げなかった。カービー:「大統領と長官との通話は非常に短いもので、大統領が一日も早い回復を願っていることを長官に伝えることに集中していました。

記者:「国防総省はバイデン国防長官が癌であることを伝えなかったのですか?」

カービー:「大統領と長官との電話は非常に短いものでした…。」

記者:「国防総省は不完全な情報を伝えたのですか?」

カービー:「わかりません」

 

「バイデン政権のトップスポークスマン、ジョン・カービーがバイデン政権が完全に混乱していることを認めた。」

 

タウンホール:「あなたは(オースティン国防長官が)この政権に不可欠なメンバーだと言いましたが、もし彼が誰にも気づかれずに姿を消すことができるのなら、彼はどれほど不可欠なのでしょうか?」

カービー:「先週から行われている軍事作戦は…オースティン長官は重要なメンバーでした…」

 

 

引用元:The Gateway Pundit

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00