Home エンタメスポーツ 大谷翔平のドジャース契約金7億ドルをカリフォルニア州当局が狙う

大谷翔平のドジャース契約金7億ドルをカリフォルニア州当局が狙う

by Jack World News

カリフォルニア州の州会計検査官は、ロサンゼルス・ドジャースのスター選手、大谷翔平選手の7億ドルの契約繰延税金について、カリフォルニア州への納税を強制する法案を採択するよう議会に求めている。

「最も裕福な個人に対する繰り延べに合理的な上限がないことは、所得の不平等を悪化させ、税の公平な分配を妨げている。この不均衡を是正するために、議会が即座に断固とした行動をとることを強く求めます」と、マリア・M・コーエン州会計監査官は公式声明で述べた。「高所得者に対する控除や免除の制限を導入することは、より公平な税制を作るだけでなく、緊急の重要な社会問題への対応や経済の安定を促進するための追加的な歳入を生み出すことになる。

コーエン氏は、どのような変更を求めているのか、それ以上詳しくは述べなかったが、税制や歳入の専門家の中には、カリフォルニア州が高所得者に依存すると同時に、そのような人々に対して増税を続けていることが、同州の非常に不安定で下降傾向の課税ベースを作り出している原因であると指摘する者もいる。

「この問題は、アスリートの契約よりもはるかに根本的なものだ。それは、カリフォルニア州がどのような統治を選択するかというシステム的な問題である。州は、市民、特に高額所得者を州から追い出すような、負担の重い税制を構築してきました」と、納税者保護同盟の政策アナリスト、デイビッド・マクギャリーはセンタースクエアに語った。「このような欠点は、より軽い規制とより低い税率を求めてカリフォルニア出身者が流出する移民統計で痛切に明らかになっている。

ドジャースでプレーするために年俸200万ドルを10年間受け取った後、大谷は2034年から2043年まで年俸6800万ドルを受け取り始める。特に、10年間のプレーを終えた後は、カリフォルニア州の最高所得者に対する税率14.4%を避けるために、より税率の低い州、あるいは他の国に引っ越すことができるからだ。

引用元:Just The News

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00