Home 政治トランプ大統領 E・ジーン・キャロル名誉毀損裁判のトランプ陪審が評決

E・ジーン・キャロル名誉毀損裁判のトランプ陪審が評決

by Jack World News

トランプは8330万ドルを支払わなければならない

E・ジーン・キャロル名誉毀損裁判のトランプ陪審員は金曜日に評決を下した:710万ドル…1100万ドル…プラス懲罰的6500万ドル!

トランプはE・ジーン・キャロルに総額8330万ドルを支払わなければならない。

 

カプラン判事は法廷に警告した「暴言は慎みなさい」

金曜の午後、E・ジーン・キャロルの名誉毀損訴訟で9人の陪審員が審議を開始した。

以下は、インナー・シティ・プレスのマシュー・ラッセル記者の提供による陪審評決表である。

 

トランプ大統領は木曜日、マンハッタンの裁判所でE・ジーン・キャロル名誉毀損裁判で証言した。

トランプ大統領は木曜日に約3分間証言台に立った。弁護側はトランプ大統領の証言の後、休廷した。

陪審員は金曜日の朝、最終弁論を聞くために戻ってきた。

トランプは、ニューヨーク市の裁判所で行われたE・ジーン・キャロルの裁判で、腐敗したクリントン判事がアリーナ・ハバに懲役刑を科すと脅した後、法廷を飛び出した!

 

2019年、E・ジーン・キャロルは1990年代にドナルド・トランプにバーグドルフ・グッドマンの楽屋でレイプされたと主張した。

トランプは疑惑を否定し、E・ジーン・キャロルを “私のタイプではない “ホラ吹きと呼んだ。

陪審は昨年、E・ジーン・キャロルに500万ドルの損害賠償を命じた。

陪審は、E・ジーン・キャロルがトランプにレイプされたことを証明できなかったと判断した。

しかし、陪審員は、E・ジーン・キャロルが、トランプが『彼女の膣に指を挿入した』ときに彼女を性的虐待したことを証明したと述べた。

E. ジーン・キャロルは2019年、大統領在任中のトランプの発言に基づき、別の名誉毀損裁判で1000万ドルの損害賠償を求めた。

E・ジーン・キャロルに関する2019年の発言について免責を主張するトランプの努力は却下された。

 

引用元:The Gateway Pundit

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00