Home 政治アメリカ政治 グレッグ・アボット州知事、タッカーへ「我々は国境をめぐるバイデン政権との衝突に『備えている』」

グレッグ・アボット州知事、タッカーへ「我々は国境をめぐるバイデン政権との衝突に『備えている』」

by Jack World News

10州が州兵を派遣し、テキサス州を侵略から守る

テキサス州知事のグレッグ・アボット氏は金曜日の午後、タッカー・カールソン氏に対し、連邦当局との衝突に備えて万全の準備をしており、各州はすでに国境防衛のために州兵やその他の法執行機関を派遣していると語った。

タッカーはインタビューの最初に、もし政権がテキサス州兵を連邦化したらどうするかとアボットに尋ねた。彼は、政権に反抗し、カミソリワイヤーを含むバリアの建設を続け、テキサス州への不法入国を拒否することを拡大すると答えた。

さらに彼は、テキサス州防衛を約束した共和党主導の25州のうち10州がテキサス州国境に州兵を派遣しており、さらに多くの州兵がまもなくテキサス州国境に派遣されるだろうとタッカーに語った。どの州が部隊を派遣したかは明言しなかった。

アボット:「これまでに州兵やその他の法執行機関を派遣したのは約10州です。これはアメリカの未来をかけた戦いだ。
彼らは皆、この取り組みに参加してくれると信じている。」

 

インタビューの終盤、タッカーはアボットに対し、連邦軍(バイデン政権)との衝突に備えているか、と質問した。

アボット:「私たちにできることは、できる限りの準備をし、できる限りの人員を配置し、できる限りのことをして、国境の障壁を増やし、不法入国を拒否することだけです。バイデン政権が何をしていようと、我々は懸命に働いている。」

テキサス州の国際国境を侵略から守るために、現在25の州がテキサス州と連帯している。

現在テキサスを支持しているのは、アラバマ州、アラスカ州、アーカンソー州、フロリダ州、ジョージア州、インディアナ州、アイオワ州、アイダホ州、ルイジアナ州、ミシシッピ州、ミズーリ州、モンタナ州、ネブラスカ州、ニューハンプシャー州、ネバダ州、ノースダコタ州、オハイオ州、オクラホマ州、サウスカロライナ州、サウスダコタ州、テネシー州、ユタ州、バージニア州、ウェストバージニア州、ワイオミング州である。

 

テキサス州を支持する表明をしている各州(赤色)

万が一、国境をめぐって政権との衝突や本格的な戦争が勃発した場合、テキサス州は総力を挙げて対応する必要がある。

 

引用元:The Gateway Pundit

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00