Home 政治トランプ大統領 陪審はE.ジーン・キャロルに2度目のトランプ事件で8,300万ドルのおぞましい和解金の支払い評決

陪審はE.ジーン・キャロルに2度目のトランプ事件で8,300万ドルのおぞましい和解金の支払い評決

by Jack World News

ドナルド・J・トランプ大統領に対する第2次E・ジーン・キャロル事件の陪審員は、セックスに取りつかれた作家に8300万ドルを与える評決を下した。

書記官が評決を読み上げた。評決には、補償的損害賠償として710万ドル、さらに1,100万ドル、懲罰的費用として6,500万ドルが含まれていた。キャロルの弁護士は当初、700万ドルから1200万ドルを要求していた。

このお金は、1990年代にデパートでトランプにレイプされたという奇妙な話が初めて明るみに出て以来、その知名度と収入が上昇したキャロルの「風評被害修復」プログラムに使われることになっている。

それに比べ、数十億ドル規模のバドライトは、ディラン・マルバニー騒動以来の評判を修復するために、スーパーボウル広告に700万ドルを費やしている。

E・ジーン・キャロルの代理人として証言した評判修復の “専門家”、アシュリー・ハンフリーズは、反対尋問で、彼女にはこの分野での “実戦 “経験がないことを認めた。彼女は民主党の献金者である。

この裁判は、裁判官の偏見に加え、明らかに極左と思われるニューヨークの陪審員たちが、トランプ大統領を政治的に罰することを求めていることでも傷つけられている。ニッキー・ヘイリーの支援者でジェフリー・エプスタインの友人でもあるリード・ホフマンがこの裁判に資金を提供した。

トランプ大統領は、評決直後にトゥルース・ソーシャルで次のように反論した。

「私は両方の評決に全面的に同意せず、私と共和党に焦点を当てたこのバイデン主導の魔女狩り全体を上訴するつもりだ。我々の法制度は制御不能であり、政治的武器として使われている。彼らはすべての憲法修正第1条の権利を奪っている。これはアメリカではない!」

引用元:The National Pulse

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00