Home 社会LGBTQ+ バドライト、スーパーボウル広告キャンペーンでブランド救済を試みる

バドライト、スーパーボウル広告キャンペーンでブランド救済を試みる

by Jack World News

バド・ライトは、そのイメージを復活させ、ビール愛飲者を取り戻すために、高額なスーパーボウル広告キャンペーンを展開している。同ブランドは、トランスジェンダーのTikToker Dylan Mulvaneyとの不倫を顧客に忘れてもらいたいと願っている。

詳細は?バドライトの親会社であるアンハイザー・ブッシュ(AB)は、新しいブランドキャラクターを紹介する60秒の広告に大金を投じている。ABのチーフ・コマーシャル・オフィサーであるカイル・ノリントンによると、”本当に面白い広告 “が期待できるという。

値段は?正確な数字は不明だが、広告主は30秒間で約700万ドルを支払うと推定されている。

話を戻そう。昨年4月、トランスジェンダーのTikToker、Dylan Mulvaneyとの不用意なマーケティング契約後、バドライトの顧客はビールを大量に見放した。売上は激減した。

トランスジェンダーになって以来、バド・ライトはモデロ・エスペシャルに国産ビール売上トップの座を奪われた。2024年の最初の2週間で、バドライトの小売店での売上は、昨年の同時期と比べて28.9%減少した。モデロは15.1%増。

AB社は、メタリックなサングラスをかけ、口ひげを生やした男性が登場する12秒間のティーザーをオンラインで公開した。広告に登場するファンの一人はペイトン・マニングのジャージを着ており、殿堂入りクォーターバックがこのメガネの男ではないかと憶測を呼んでいる。そして、誰かが “LET’S GO!!!”と叫ぶのが聞こえる。- これは、白人の「アラー・アクバル」として広く知られている。

 

引用元:The National Pulse

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00