Home エンタメ芸能 テイラー・スウィフトのストーカー、スウィフト自身が支持する民主党の政策のせいで刑務所から出続ける

テイラー・スウィフトのストーカー、スウィフト自身が支持する民主党の政策のせいで刑務所から出続ける

by Jack World News

テイラー・スウィフトのストーカーであるデヴィッド・クロウは、判事が彼に対する保護命令を下した数時間後に裁判所からニューヨークのタウンハウスに向かい、土曜日以来3度目の逮捕をされた。

法執行筋によると、すでにストーカー行為と嫌がらせの罪で罪状認否を受けていたクロウは、「自分のしていることを自覚しており、明瞭だ」というが、「(スウィフトに)執着しており、彼女が住んでいる場所から離れられない」という。「私たちは彼女を守るために全力を尽くしています。」

この歌手は、いわゆる保釈改革を主張するジョー・バイデンのような民主党の政治家を支持しており、犯罪容疑者が拘留を免れ、公判前にさらなる犯罪を犯すことを容易にする、彼女自身の不幸の元凶かもしれない。

特にニューヨークの保釈金改革は、「最近の犯罪歴がかなりある人々の再犯率を高めている」のだが、バイデンはその危険性を軽視している。

2019年4月1日に可決されたニューヨーク州の2019-2202年度予算では、ストーカー行為を含む多くの軽犯罪と非暴力重罪に対する現金保釈が廃止された。

2022年、81歳の民主党議員は「保釈改革のマイナス面は大きく過大評価されている」と主張し、「検察官の寛大さ」が国民をより大きな危険にさらしていることを否定した。彼は2020年、現金保釈が「黒人女性と家族」に害を及ぼすとして、全国的に現金保釈を廃止することを掲げて選挙戦を展開したが、この目標の達成に向けた進展は限定的だった。

 

引用元:The National Pulse

You may also like

jackteam_logo_462x112_wh-rd

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00