Home 社会事件・事故・犯罪 連邦捜査局、麻薬取締班が約200人の麻薬密売容疑者を逮捕したと発表

連邦捜査局、麻薬取締班が約200人の麻薬密売容疑者を逮捕したと発表

by Jack World News

司法省は大規模な麻薬密売活動に関与した容疑で10州にわたり200人近くを逮捕

司法省によると、全米の大規模な麻薬密売組織を標的にした一連の法執行活動で、200人近くが逮捕・起訴された。

問題の事件では、アラスカを含む全米10州で被告が逮捕され、約50キログラムのフェンタニルと70キログラム以上のメスが摘発された。DEAはアラスカを含むいくつかの事件で協力した。

メリック・ガーランド司法長官は、”これらの事件は、アメリカ国民を毒する麻薬カルテルや麻薬密売組織を標的にし、混乱させ、解体するために、我々の捜査官や検察官が日々行っている仕事のほんの一部に過ぎない “とコメントした。

これらの逮捕は、米国がフェンタニルの危機に対処し続けているときに行われた。疾病予防管理センターが発表した最新のデータによると、2022年の麻薬による死者は10万9680人となり、新記録を更新した。

1月25日、アラスカ州地方裁判所は、カリフォルニア州刑務所の受刑者によって運営されていたとされる、州内で活動する大規模な組織犯罪組織に関連して、54人の被告に対する告発を発表した。ヘラクリオ・サンチェス=ロドリゲス(57歳)は、密輸携帯電話を使ってメキシコの供給業者やそのブローカー、カリフォルニア州とオレゴン州の指導者、アラスカ州の麻薬密売企業の流通業者と連絡を取っていたとして告発されている。

2022年2月から2023年7月にかけて、法執行機関はこの企業に関連する36キログラム以上のフェンタニル、27.3キログラムのメス、11.3キログラムのヘロイン、118グラムのコカインを押収した。同組織は主に、オレゴン州とカリフォルニア州からアラスカ州へ、米国郵便公社を通じて麻薬の小包を送る業者を利用していた。

一方、ウェストバージニア州北部地区は1月24日、東部パンハンドルで活動していた麻薬密売組織の被告82人に対する告発を発表した。法廷文書によると、ボルチモアに住むゲイリー・バーナード・ブラウン・ジュニア(38歳)は、バークレー郡とジェファーソン郡で再流通させるために、フェンタニルのカプセルと粉末を他人に大量に供給していた。捜査の結果、10キログラムのフェンタニル、コカイン、メタンフェタミン、銃器、数十万ドルの資産が発見された。

1月23日、ネブラスカ州は、ケンタッキー州やカリフォルニア州とつながりのあるネブラスカ州全域で活動するメス流通組織の一員としての役割について、19人の被告に対する告発を発表した。アレハンドロ・ルイズ(41歳)は、カリフォルニアから犯罪組織を組織し、メキシコからメスやその他の麻薬をカリフォルニアに運び、ネブラスカ州中部を含む中西部に密売していたとされる。取締りにより押収されたメスに加え、3丁の銃器も押収された。

また1月23日には、ミシシッピ州南部地区が、メスやコカインなどの違法麻薬を流通させる複数の麻薬密売組織に関する4年間の連邦捜査に起因する40人を逮捕した。この事件には、メキシコ、カリフォルニア、テキサス、アラバマ、その他の地域とつながりのあるミシシッピ州全域の被告が含まれている。何人かの被告は、幼い幼児を含む未成年者がその場所にいる間にメス麻薬犯罪を犯した罪で起訴されている。捜査当局は36丁の銃器、5キロのクリスタル・メス、1キロのコカインを押収した。

司法省によると、これらの事件と逮捕はすべて組織犯罪薬物取締タスクフォースの活動の一環であり、その目的は、”犯罪ネットワークに対して連邦、州、地方の法執行機関の強みを活用する検察官主導、情報主導、複数機関のアプローチを用いることにより、米国を脅かす最高レベルの麻薬密売人、マネーロンダリング、ギャング、国際犯罪組織を特定し、崩壊させ、解体する “ことである。

 

引用元:Fox News

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00