Home 政治トランプ大統領 トランプ氏、証言台で自己弁護 E・ジーン・キャロル裁判を非難「これはアメリカではない」

トランプ氏、証言台で自己弁護 E・ジーン・キャロル裁判を非難「これはアメリカではない」

by Jack World News

トランプ前大統領は木曜日、1990年代にデパートの楽屋で性的暴行を受けたと主張するE・ジーン・キャロル氏の名誉棄損訴訟に端を発する民事名誉棄損損害賠償裁判で、弁護側の証言台に立った。

2024年の共和党フロントランナーは、この申し立てを激しく否定している。彼が否定した結果、キャロルはトランプに名誉毀損訴訟を起こし、彼の対応が彼女の評判を傷つけたと主張した。

木曜日に証言台に立ったトランプは、弁護側から3つの質問を受けた。

まず、トランプは自分の宣誓証言が法廷で流されるのを見たかと聞かれ、こう答えた: 「はい」と答えた。

第二に、供述調書での発言を支持するかと聞かれ、こう答えた: 「100パーセント。はい」と答えた。

そして3つ目は、ツイートやソーシャルメディアへの投稿でキャロルを脅したことがあるかという質問だった。

「いいえ。「私は虚偽の申し立てだと信じていることから自分自身を守ったに過ぎない。」

裁判官は、イエスかノーかの答えを超えたトランプの発言を取り消した。

法廷を出るとき、トランプは繰り返しこう言った。 「これはアメリカではない。」

トランプと彼の弁護団は、キャロルの申し立てはでっち上げだと主張しており、元大統領の最初の反応には、キャロルは彼女の本のコピーを売りたいがために動機づけられたという非難が含まれていた。

トランプはFox News Digitalに対し、”この女性が誰なのかまったくわからない “と繰り返し語っている。

キャロル(79歳)は、1996年のある日、マンハッタンのトランプ・タワーの向かいにあるバーグドルフ・グッドマン百貨店で、トランプにレイプされたと主張している。

ニューヨークの連邦陪審は昨年、トランプにレイプの責任はないが、性的虐待と名誉棄損の責任はあると決定した。元大統領は500万ドルの支払いを命じられた。

トランプは先週、自身のトゥルース・ソーシャルのアカウントで、2015年にさかのぼるキャロルのツイートの画像を掲載した。ある画像では、キャロルはこう書いている。”望まない性的な前進 “が望まないものだと、前進させるまでどうやってわかるんだ?

トランプはまた、キャロルが “決して起こらなかったこの疑惑の『事件』の時期について『あちこち』に行っており、ルナティック・ラディカル・レフト・デモクラットの工作員弁護士ロベルタ・カプランに指導されている。”と投稿した。

「この企てによって傷ついたのは私だけだ」とトランプは投稿した。

裁判はルイス・A・カプラン判事が担当している。

引用元:Fox News

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00