Home 社会BLM シアトル市、2020年の暴動に起因する訴訟で、BLMデモ参加者に1,000万ドルを支払うことで合意

シアトル市、2020年の暴動に起因する訴訟で、BLMデモ参加者に1,000万ドルを支払うことで合意

by Jack World News

シアトル市は、2020年の暴動で警察が過剰な武力を行使したとする抗議者たちに1000万ドルを支払う

シアトル市は、2020年の暴動で警察が過剰な武力を行使したとして警察を訴えたブラック・ライブズ・マターの抗議者50人に対し、1000万ドルを支払うことで合意した。

「この決断は、リスク、コスト、保険を考慮すると、市にとって最善の財務的決断であった。」とデイヴィソン市弁護士は語る。「この裁判は市の時間と資源を著しく消耗させるものであり、5月に予定されていた推定3ヶ月の裁判を通じてもそうであっただろう。」

市によると、訴状にはデモ参加者と地元警察当局との何百回ものやりとり、100万ページ以上の記録、1万本以上のビデオ、何百回もの証人尋問、そして膨大な法廷提出書類が含まれていた。しかし、市はこの件での不正行為を認めていない。

「この和解は、2020年のデモ期間に起因する残りの請求の大部分を解決するものであり、市が4年前の出来事から前進しつつ、今日の重要な仕事に集中できるようにするための大きな一歩です」とデイヴィソンは付け加えた。

シアトル・タイムズ紙によると、原告側の弁護士は、デモ参加者の1人がシアトル市警の発射した爆風玉に当たって心臓発作を起こし、もう1人の原告である杖を使う退役軍人は、”十分な速さで退却しなかったため、ガスがかけられ、タックルされた “と主張している。

弁護団はまた、警察署の対応の結果、「何十人もの人々が永続的な難聴、骨折、脳震盪、傷、打撲、精神的損害を被った」と主張している。

この暴動は、2020年5月にジョージ・フロイドが死亡したことに起因するもので、多くの地元企業の破壊、多大な物的損害、さらには負傷者や死亡者まで出した。

2月、シアトル市は、デモ隊の手によって多大な損害に直面した十数人の事業主や住民が起こした訴訟の和解金として360万ドルを支払うことに合意した。

 

引用元:Fox News

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00