Home エンタメ オバマ夫妻のネットフリックス・ドキュメンタリーがアカデミー賞ノミネーションで落選

オバマ夫妻のネットフリックス・ドキュメンタリーがアカデミー賞ノミネーションで落選

by Jack World News

今週、アカデミー賞のノミネーションが発表されたとき、バラクとミシェル・オバマのNetflixドキュメンタリーはどこにも見当たらなかった。

オバマ夫妻が制作したNetflixのドキュメンタリー映画『アメリカン・シンフォニー』は、有力作品になると予想されていたにもかかわらず、ノミネートから姿を消した。

同作品が唯一ノミネートされたのは、オリジナル曲だった: ジョン・バティステとダン・ウィルソンによる “It Never Went Away “である。

このドキュメンタリーは、第94回栄誉賞の有力候補と目されていた。

目立った評価を得られなかった理由は明らかになっていない。

ミシェル・オバマは先月、この映画の特別試写会を開催し、ノミネートキャンペーンを行ったほどだ。

しかし、アカデミーは代わりにあまり知られていない作品を表彰することにしたようだ。

このドキュメンタリーは、バティストが妻のガン再発に対処しながら、オーケストラ交響曲を書こうとする努力を描いたものだ。

監督はマシュー・ハイネマン。

オバマ夫妻のネットフリックスとの契約は、数年間で6500万ドル相当と言われている。

以下は、オバマ夫妻がストリーミングサービスのために制作した他のコンテンツの一部である。

  • “The G Word with Adam Conover”
  • “ウィー・ザ・ピープル”
  • 子供向けコンテンツ “Waffles & Mochi”
  • 「オプラ・ウィンフリーとの特別番組「The Light We Carry
  • 「働くということ: 私たちが一日中していること
  • “Leave the World Behind”

しかし、今回のアカデミー賞での不評を受けて、ネットフリックスは元ファースト・カップルとの提携を見直すかもしれない。

夫妻はすでに2022年10月にSpotifyとの契約を解消している。

この契約が破綻したのは、オバマ夫妻が自分たちのポッドキャストの配信が広がらないことに不満を抱いていたからだと言われている。

彼らの最新作『Leave the World Behind』は、登場人物が黒人の父親に「世界が崩壊しても白人を信じるな」と言うという内容で物議を醸した。

この論争により、人々はこの映画を “ウェイク “と呼び、”白人差別 “を信奉していると言った。

しかし、それがこの映画のつかの間の人気につながったのだろう。

バラク・オバマが個人的にこの映画について相談し、登場人物の発言について問題を提起しなかったことが指摘された。

しかし、ほとんどの人はこの論争からすぐに立ち去った。

引用元:Slay News

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00