Home エンタメスポーツ ビンス・マクマホン、性的虐待スキャンダルの渦中でWWEとUFCの親会社TKOグループ・ホールディングスを辞任

ビンス・マクマホン、性的虐待スキャンダルの渦中でWWEとUFCの親会社TKOグループ・ホールディングスを辞任

by Jack World News

マクマホンはWWE元スタッフのジャネル・グラントが起こした訴訟に名を連ねている

複数の報道によると、WWE創設者のビンス・マクマホンが金曜日にWWE&UFCの親会社TKOグループ・ホールディングスを正式に辞任した。

木曜日、マクマホンが元WWEスタッフのジャネル・グラントから性的暴行、人身売買、身体的虐待で訴えられたと報じられた。

この訴訟では、マクマホンはグラントに対し、セックスと引き換えにWWEでの仕事と昇進の可能性を約束したと主張している。また、マクマホンが彼女を社内外の他の男性に売ったとも主張している。

グラントの訴訟ではまた、同社での雇用と性的関係の終わりに、マクマホンが彼女に圧力をかけ、総額300万ドルの数年間の支払いと引き換えに秘密保持契約を結ばせたとされている。

マクマホンはESPNへの声明の中で、「私は、グラントさんの訴えは嘘に満ちており、ありもしない卑猥なでっち上げであり、執念深く真実を歪曲したものであるとの前言を支持します。私はこれらの根拠のない告発に対して精力的に弁護するつもりであり、汚名を晴らすことを楽しみにしている。」

「しかし、WWEユニバース、並外れたTKOビジネスとその役員、株主、パートナー、構成員、そしてWWEを今日のようなグローバル・リーダーに押し上げた従業員やスーパースターたちへの敬意を表し、私は即刻、執行委員長職とTKO役員を辞任することを決断しました。」

マクマホンにとっても、40年以上前に設立した会社からの2度目の辞任となる。2022年7月、彼は性的不品行疑惑のもとWWEのCEO兼会長を退いた。しかし、この辞任は短期間だった。特別委員会の調査は2022年11月に終了し、マクマホンは2023年1月にWWEに復帰した。

しかし、グラントによれば、委員会はマクマホンから疑惑について一度も聞き取り調査をしておらず、組織の誠実さについて眉をひそめている。

マクマホンの2度目の辞任は、WWEが2025年から毎週放送されるプロレス番組 “Raw “の独占放映権について、Netflixと10年間、数十億ドル規模の契約を結んだ数日後のことだった。

また今週、元WWEレスラーから俳優に転身したドウェイン・”ザ・ロック”・ジョンソンがTKOの取締役に就任することを発表し、WWEは同ブランドのプロモーションと引き換えに3000万ドルの株式報酬を支払うことを明らかにした。

TKOは、アリ・エマニュエルが率いるロサンゼルスのタレント・エージェンシー、エンデバーによって設立され、管理されている。

大混乱の中、WWEの第37回ロイヤルランブルは土曜の夜、フロリダ州セントピーターズバーグで開催される。

 

引用元:The Messenger Sports

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00