Home 政治アメリカ政治 オレゴン州最高裁、共和党議員10人の再選出馬を阻止 民主党の投票禁止を支持

オレゴン州最高裁、共和党議員10人の再選出馬を阻止 民主党の投票禁止を支持

by Jack World News

オレゴン州高裁、記録的な長期間のデモに参加した共和党州上院議員10人の再選を認めず

オレゴン州最高裁判所は木曜日、昨年夏に未成年の人工妊娠中絶、トランスジェンダー手術、医療介入へのアクセスを拡大する法案や、ゴーストガンに関する別の法案を阻止するため、記録的な長さのボイコットに参加した10人の共和党州上院議員は、今年再選を目指すことはできないと決定した。

オレゴン州上院共和党議員連盟は、「憲法の明白な文言にもかかわらず、最高裁判所は民主党と労働組合の取り巻きに味方した」と非難した。同協議会は、州高裁の決定は “オレゴン州上院の3分の1を占める10人の共和党上院議員の職務を事実上終了させる “と強調した。

今回の判決は、このようなボイコットを阻止することを目的とした措置に基づき、10人の議員を投票対象から外すという民主党のオレゴン州務長官ラヴォン・グリフィン・バレード氏の昨年8月の発表を支持するものである。2022年に有権者によって可決された第113号議案は、州憲法を改正し、10回以上の無断欠席があった場合、議員の再選を禁止するものである。

昨年のボイコットは州史上最長の6週間に及び、数百の法案が停滞した。国務長官の決定をめぐっては、5人の議員が訴訟を起こした。上院議員 ティム・ノップ、ダニエル・ボーナム、スザンヌ・ウェーバー、デニス・リンティカム、リン・フィンドリーの5議員である。彼らは10回以上欠席した10人の共和党議員のうちの1人である。

「最高裁の判決には明らかに同意できない。しかし、それ以上に重要なのは、この判決が反対意見を封じ込めるような冷ややかな影響を与えることを深く憂慮している」とノップ上院共和党党首は木曜日に述べた。

「ケイト・ブラウン州知事とティナ・コテック州知事によって任命された裁判官たちによって構成される裁判所が、自分たちの判例よりも政治的レトリックを支持する判決を下したことに、失望はしているが、驚きを隠せない。このケースで勝者となるのは、民主党の政治家とその労働組合の支持者だけだ」とウェーバーは付け加えた。

「政治的傾向の如何にかかわらず、私がこれまで聞いてきたすべての法律家は、法律の平易な文言に対する解釈がひとつしかない場合、それが最終的なものであると断言している」とボナムは付け加えた。「オレゴン憲法に盛り込まれた文言は明瞭であったにもかかわらず、最高裁は、どのような指標によっても決定できない有権者の意思が憲法に優先するという判決を下した。政治法廷に正義はない。」

グリフィン・バレードは、共和党議員を投票対象から外すことを決定するにあたり、彼女の姿勢に基づく管理規則を実施するよう、事務所の選挙部門に指示していた。

12月にオレゴン州最高裁判所で行なわれた口頭弁論では、議員側の弁護士と州側の弁護士が、第113号議案が有権者に承認された後に州憲法に追加された文法と構文をめぐって争った。

この修正条項では、議員は「現職の任期が終了した後の選挙に立候補することはできない」とされている。上院議員の任期は1月までであるのに対し、選挙は前年の11月に行われるため、上院議員たちはこの修正案が自分たちが次の任期を求めることができることを意味していると主張した。彼らは、罰則は即座に適用されるのではなく、別の任期を務めた後に適用されると主張している。

両者はまた、有権者が記入した実際の投票用紙と、有権者向けパンフレットに記載された法案の文言のわずかな違いについても争った。

投票用紙には、賛成票を投じた結果、10回以上の無断欠席をした議員は「現任期の次の任期」において失職すると書かれていた。パンフレットに掲載された法案の文章にはあった「選挙」という言葉は含まれていなかった。パンフレットに掲載された内容は、最終的に州憲法に追加された。

州側は、有権者はこの法案に「賛成」票を投じることで、欠席回数の多い議員は任期終了後の出馬を禁じられることを意図していると主張した。

この訴訟のすべての当事者は、今年の選挙に立候補を希望する候補者の2024年3月の申請期限前に、この問題を明確にすることを求めていた。

AP通信によると、オレゴン州の有権者は、2019年、2020年、2021年の議会における共和党の反落を受けて、大差で113号法案を承認した。

2023年の議会反乱は、上院が定数の3分の2に達するのを阻止するために数週間にわたり議会を麻痺させたが、共和党が極端すぎる、親の権利を侵害すると判断した未成年の中絶やトランスジェンダーの処置や医療介入へのアクセス拡大に関連する大がかりな法案について民主党が譲歩したことで終結した。

当初の法案では、患者の年齢に関係なく医師が中絶を提供することが認められ、医療提供者は特定の場合、未成年の両親に通知する必要はなかった。

ウォークアウトを終結させるための合意の一部として、民主党は中絶に関する親の通知に関する文言を変更することに同意した。この妥協案では、中絶医療提供者が15歳未満の患者の親に告知することがその患者の最善の利益にならないと考える場合、その医師は親に告知する必要はなく、他の医療提供者の同意が必要となる。しかし、親や保護者を巻き込むことが患者の虐待やネグレクトにつながる場合は、セカンドオピニオンは必要ない。

民主党によれば、この法案でも中絶へのアクセスは確保され、他州で可決された中絶や性転換手術を制限する措置から介護者を守ることができるという。また、性同一性障害の治療に「医学的に必要な」性転換手術を健康保険がカバーすることを義務づける。

民主党はまた、検出不可能な銃器の製造や譲渡を罰する法案のいくつかの修正案を取り下げることに合意した。今回削除された条項は、半自動小銃の購入年齢を18歳から21歳に引き上げ、携帯を制限するものであった。

 

引用元:Fox News

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00