Home 経済世界経済 サウジアラビアのテレビ局、BRICSへの加盟を確認 – 南アフリカの大臣、エジプト、エチオピア、イラン、UAEも加盟を確認

サウジアラビアのテレビ局、BRICSへの加盟を確認 – 南アフリカの大臣、エジプト、エチオピア、イラン、UAEも加盟を確認

by Jack World News

アルゼンチンは加盟せず

BRICSグループに新たな加盟国が加わったことで、多極化する世界は少し強くなった。

昨年8月にヨハネスブルグで開催された前回のBRICS首脳会議での正式な招待に続き、新たにブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカが加わった。

サウジアラビアの国営テレビは本日(1日)、サウジアラビアがBRICSに正式加盟したと報じた。

ロイター通信が伝えた。

サウジアラビアの外相は8月、提案されている1月1日の加盟日までに詳細を検討し、「適切な決定」を下すと述べていた。

ファイサル・ビン・ファルハン皇太子は、BRICSグループは経済協力を強化するための「有益で重要なチャンネル」だと述べていた。

BRICSにはこれまでブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカが参加していたが、サウジアラビアがアラブ首長国連邦、エジプト、イラン、エチオピアに加わり、新メンバーとして倍増することになる。

サウジアラビアの加盟は、王国内での中国の影響力拡大を意味する。

サウジアラビアが独自の地政学的路線を追求するのを止めることはできない。

「サウジアラビアにとって最大の石油需要国である中国は、BRICsの拡大を求め、西側諸国への対抗軸となることを主導してきた。」

BRICsの拡大は、BRICsが宣言した “南の世界”のチャンピオンになるという野心を増幅させる可能性がある。

しかし、南アフリカのナレディ・パンドール外相によれば、新メンバーはサウジアラビアだけではない。

エジプト、エチオピア、イラン、サウジアラビア、アラブ首長国連邦がBRICSブロックへの参加を表明している、とパンドール外相は記者会見で語った。

アルゼンチンも招待されていたが、その後参加を辞退している。

Yahooが報じた。

「BRICSの確認に関しては、6カ国中5カ国が確認した。サウジアラビア、UAE、エチオピア、イラン、エジプトだ。アルゼンチンは、前政権が成功させたBRICSの正式メンバー入りの申請には応じないことを文書で表明しており、我々は彼らの決定を受け入れる」と述べた。」

 

引用元:The Gateway Pundit

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00