Home 政治世界の政治 EU、ついにウクライナ支援を承認

EU、ついにウクライナ支援を承認

by Jack World News

オルバンは折れたのか、それとも望んだ譲歩を得たのか?

欧州連合(EU)はついに、ウクライナへの新たな支援として500億ユーロ(約540億円)を承認した。

これによりウクライナは、低迷する戦況にいくらか救いの手を差し伸べることになったが、MSMはその代わりに、この決定がハンガリーのオルバン首相にとって大きな敗北になるという事実に焦点を当てた報道を選んだ。

しかし、本当にそうだろうか?検証してみよう: オルバン首相は、援助を前払いではなく、1年ごとに分割して支払うことを望み(チェック)、EUに毎年再協議することを望み(チェック)、援助決定を2年後に見直すことを望んだ(チェック)。

彼はすべてを手に入れたようだ。もっと象徴的な性質の約束もあった。

MSMのグローバリストの応援団がどのように話しているか見てみよう。EUは、対ロシア戦争でキエフを支援し続けるよう、米国にメッセージを送ることを望んでいる。

ロイター通信が伝えた。

ドイツのオラフ・ショルツ首相は、EUの決定がジョー・バイデン米大統領に議会を説得する助けになることを期待していると述べた。ショルツ首相は、「これはアメリカに対する良いシグナルでもある。アメリカ大統領は良き友人であり同盟国であり、議会から要求を支持されるよう努力している」と述べ、ブリュッセルのEU首脳のコメントと同じであった。

ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領は、EUの合意を賞賛し、「この援助は自国の長期的な経済的・財政的安定を強化するだろう」と述べた。

キエフは3月にEUから45億ユーロの第一弾を受け取る予定だ。

フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、「ロシアは、ヨーロッパ諸国からのウクライナ支援に対する疲労を当てにすることはできない」と述べた。

この過程で、オルバンはグローバリストのブギーマンとなった。

EUが200億ユーロの資金を、民主主義のプロセスが劣悪であるとして差し止めた国(ハンガリー)の首相であるオルバンは、世界で最も腐敗している非EU国(ウクライナ)に資金を送ることに反対し、野党を禁止し、すべての野党メディアを閉鎖し、選挙をキャンセルした。

オルバンは今日、「援助が賢明な方法で使われ、ブダペストのために割り当てられていたEUの資金が使われることはないとの保証を得た後」拒否権を解除したと述べた。

EUの外交官たちによれば、この合意には、支援策について1年ごとに話し合うことと、「必要であれば」2年後に見直すというオプションが含まれているが、ブダペストに対する拒否権はないとのことである。

ここ数日、EUはオルバンに圧力をかけている。ポーランドのドナルド・トゥスク首相は木曜日、オルバンに「ゲーム」は時間切れであり、ブダペストはロシアの戦争がもたらす存立危機事態のどちら側につくかを選ぶ必要があると述べた。ブダペストは、ロシアとの戦争がもたらす存立危機事態において、どちら側につくかを選ぶ必要がある。

新たなパラグラフでは、欧州首脳理事会が欧州委員会に対し、2年後に予算の枠組みを見直すよう要請することを求めている。

『ガーディアン』紙が報じた。

オルバンは、ハンガリーに支払われるはずだった資金が、法の支配に関する懸念からEUによって凍結され、ウクライナには支払われないという保証を引き出したことで、外交的勝利を収めたと主張した。

「昨夜、今朝、我々は申し出を受け、資金が賢明な使われ方をすることを保証するための管理メカニズムについて最終的に交渉した」と彼はXへの投稿で述べた。

 

引用元:The Gateway Pundit

You may also like

jackteam_logo_462x112_wh-rd

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00