Home Techハッキング・サイバー犯罪 FBI「中国のハッカーは”大混乱を引き起こし、アメリカ市民に実害を与える”準備をしている」

FBI「中国のハッカーは”大混乱を引き起こし、アメリカ市民に実害を与える”準備をしている」

by Jack World News

FBIのクリストファー・レイ長官は、中国共産党のハッカーによる明らかな脅威について、冷ややかな警告を発した。

レイによれば、中国のハッカーたちは「大混乱を引き起こし、アメリカ市民や地域社会に実害をもたらす」準備をしているという。

レイは水曜日に国会議事堂で開かれた公聴会で、議員たちにこの警告を発した。

FBI長官と他の政府高官は、下院中国共産党特別委員会の前で証言している。

公聴会のタイトルは “アメリカ国土と国家安全保障に対する中国共産党のサイバー脅威 “である。

レイは議員たちに以下のように語った。

「PRC(中華人民共和国、別名共産中国)のハッカーが我々の重要なインフラ(浄水場、送電網、石油や天然ガスのパイプライン、輸送システムなど)を標的にしているという事実について、あまりにも世間の関心が低い。」

「そして、そのリスクがすべてのアメリカ人にもたらすものであるため、私たちは今、注意を払う必要がある。」

「中国のハッカーたちは、中国が攻撃する時が来たと判断した場合、大混乱を引き起こし、アメリカ市民や地域社会に実害をもたらす準備のために、アメリカのインフラに位置している」と付け加えた。

レイはまた、「今日、そして文字通り毎日」中国のハッカーは「我々の経済的安全保障を積極的に攻撃し、我々の技術革新や個人・企業データの大規模な窃盗に関与している」と述べた。

「そして、彼らは私たちのセキュリティや経済を攻撃するだけではありません」とレイは証言した。

「彼らは私たちの自由を標的にし、私たちの国境の内側、アメリカ全土に手を伸ばし、私たちの市民や住民を黙らせ、強要し、脅迫している。」

レイは昨年4月にも、中国がサイバーハッキングを通じて重要インフラにもたらす脅威に対処しようとする際、FBI捜査官は「少なくとも50対1」の劣勢に立たされていると証言している。

同氏は、北京は他のどの国よりも多くの個人および企業データを米国から盗んでいると述べた。

当時の下院歳出委員会の公聴会で、レイは次のように述べた。

「彼らは他のすべての主要国の合計よりも大規模なハッキングプログラムを持っており、大小を問わず他のすべての国の合計よりも多くの個人および企業データを盗んでいる。」

レイはこう証言した。

「もしFBIのサイバー捜査官や情報アナリストの一人一人が中国の脅威だけに、つまり中国だけに焦点を当てたとしても、中国のハッカーはFBIのサイバー担当者の数を少なくとも50対1で上回るだろう。」

引用元:Slay News

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00