Home 政治世界の政治 「我々はそれをする必要がある」元英国外務大臣が「国民兵役」の復活を要求

「我々はそれをする必要がある」元英国外務大臣が「国民兵役」の復活を要求

by Jack World News

英国の元外務大臣で保守党党首のウィリアム・ヘイグ卿は、英国が東欧や中東での戦争にさらに巻き込まれる中、国民皆兵制の現代的な形を導入するよう政府に求めている。

現在、貴族院の議員であるヘイグは、今年の国政選挙を前に、イギリスの主要政党がノルウェー式の徴兵制に取り組むことを望んでいる。これにより、若者のおよそ5分の1が徴兵され、12ヶ月から18ヶ月間軍服で勤務することになる。

彼は今週の『タイムズ・オブ・ロンドン』紙にこう書いている。

国民兵役は過去のものだ。1940年代から1950年代にかけてのことでしょう?私たちの父親や祖父がそうだった。いかにも20世紀的だ。この超個人主義的な時代とは相容れない。誰もが多くの権利を持っていて、それを守る責任もない、という考えを乱すことになるとは……。

軍隊にとって一番必要なのは、数百万人の不本意な徴兵なのだから。国の安全保障を確保しながら、個人のスキル、モチベーション、承認、包摂をもたらす。

スウェーデンは、18歳を対象に市民義務を復活させ、軍隊に代わるものとして、緊急サービスや重要なインフラの維持のための訓練も含めるという、その模範を示したばかりだ。「市民権は旅行文書ではない」とスウェーデン首相は説明するが、義務も伴う。

引用元:The National Pulse

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00