Home 政治不法移民 憲法上、テキサス州は、差し迫った国境を越えた侵略から自らを守るために、連邦政府に対して戦争を仕掛けることが法的に認められている

憲法上、テキサス州は、差し迫った国境を越えた侵略から自らを守るために、連邦政府に対して戦争を仕掛けることが法的に認められている

by Jack World News

多くの人々に衝撃を与えた動きとして、通常保守寄りの最高裁がバイデン政権に味方し、テキサス州がイーグルパス付近の米墨国境に沿って設置したカミソリワイヤーを連邦捜査官が解体することを認めた。

共和党のグレッグ・アボット州知事は、リオ・グランデ河畔にカミソリ・ワイヤーを設置し、不法移民がそのまま突進してくるのを阻止するよう命じていた。しかし最高裁判所は、川を渡ろうとする移民に国境警備隊が接触するのを妨害しているとして、カミソリワイヤーを撤去する必要があるとしている。

係争中の訴訟はこの判決に異議を唱えようとしているが、当分の間、テキサスは連邦移民法に従わなければならない。

ジョン・ロバーツ最高裁判事とエイミー・コニー・バレット最高裁判事は、5対4の僅差で、テキサスはこの問題に関して連邦政府に譲歩し、国境警備隊に移民危機を独自の方法で処理させなければならないというバイデン政権の立場を支持し、最高裁のリベラル派判事3人の味方をした。

「これは終わっていない」とアボット州知事はX(旧Twitter)でツイートした。「テキサスのカミソリ・ワイヤーは、バイデンが奨励する不法越境に対する効果的な抑止力だ。私は、国境を守るテキサスの憲法上の権限を守り続け、バイデン政権による我々の財産の破壊を阻止する。」

 

憲法第1条第10節は、”遅滞が許されないような差し迫った危険がある “場合、州が “戦争に従事する “ことを認めている。
現在係争中の訴訟に関して、合衆国憲法第1条第10節第3項が、テキサス州には現在進行中の国境侵犯から自国を防衛する権利があるというアボット州知事の立場を支持しているという主張がなされている。

「いかなる州も、実際に侵略されるか、または遅滞を許さないような差し迫った危険がない限り、議会の同意なしに……戦争に関与してはならない。

この条項は、1788年6月16日、故ジェームズ・マディソン(James Madison)がバージニア州批准議会での演説で述べた言葉によってさらに裏付けられている。

「各州は攻撃されることを予期し、それに備えたいので、各州は自衛のために独自の民兵を保持する。

要するに、テキサス州は侵略されており、このままでは危険が迫っているという主張である。もし裁判所が同意することになれば、たとえワシントンDCが反対したとしても、テキサスは自国の国境を守る憲法上の権威を主張することになり、事態は再び変化する可能性がある。

アボット知事とパクストン州知事は、”移民 “の数とその年齢と性別(若年成人、男性)を考慮すれば、侵略と差し迫った危険という条件が南部国境沿いに明らかに存在するという、非常に説得力のある主張をすることができる」と、ジョー・ウォルバートン2世法学博士は『ニュー・アメリカン』紙に書いている。

「この条項をテキサス州とメキシコとの国境の危機に適用するための最初の疑問は、次のようなものだ: テキサスは侵略されているのか?もしそうでないなら、問題は次のようになる: テキサス州への不法入国成人男性の流入は、合理的な人であれば、その危険が差し迫っており、議会に助けを求めるような遅れは許されないと考えるレベルまで達しているか。

言い換えれば、テキサスが現在 “侵略 “されているとうまく主張できなくても、この言葉が創設者たちによって理解され、意図されたであろうように、テキサスは侵略から差し迫った危険にさらされていると主張することができる。

 

引用元:InvasionUSA.News

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00