Home 社会事件・事故・犯罪 『トイ・ストーリー』の原点となったサンフランシスコの小売店が、「危険と暴力」を理由に86年の歴史に幕を閉じる

『トイ・ストーリー』の原点となったサンフランシスコの小売店が、「危険と暴力」を理由に86年の歴史に幕を閉じる

by Jack World News

『トイ・ストーリー』の原点とされ、86年の歴史を誇るサンフランシスコの老舗、ジェフリーズ・トイズが、ダウンタウンの混乱と家賃の高騰を理由に、犯罪多発のカリフォルニアで最後の店舗を閉店することになった。

「この店は、ダウンタウンの環境の危険と暴力、インフレ、個人消費の減少、小売業の衰退のため、何年も苦境に立たされてきました」と、代々このビジネスを経営してきたルーン家の弁護士であるスターリング・ベンチャー・ローのケン・スターリング氏は説明する。

「一族はこのような事態になったことを悲しんでおり、事業を継続させるために他のあらゆる選択肢を模索してきました。サンフランシスコ市とダウンタウン協会の指導者たちは、かつては活気があり、楽しいダウンタウンをどう活性化させるか、頭を悩ませている」とスターリングは付け加えた。

元トイ・ストーリーやシンプソンズのアニメーターで、父親と店を経営していたマイケル・ルームは、クリスマス前に、民主党が支配する市が方針を変えない限り、このビジネスは絶望的だと警告した。「私たちはお金をつぎ込み、懸命に働き、愛情を注いでいます。しかし、市との関係では、それが還元されないのです」とルーンは嘆いた。

店は毎月2万ドルの家賃を払い、市が盗難やフェンス設置に取り組まなかったために損失を被っているという。さらに、5年間働いていた従業員が、何者かに壁に投げつけられ、刺されそうになったため、その従業員を失ったと語った。ジェフリーズは2月末で閉店する。

引用元:The National Pulse

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00