Home 社会事件・事故・犯罪 フロリダ州警察官を故意に轢いたとして、イスラエル外交官の成人した息子が告発される

フロリダ州警察官を故意に轢いたとして、イスラエル外交官の成人した息子が告発される

by Jack World News

弁護士は彼に「外交特権」があると主張

イスラエル外交官の成人した息子が、フロリダ州サニー・アイルズ・ビーチの警察官をバイクで故意に轢いたとして告発された。
エイブラハム・ギル(19)は土曜日の午後、交通違反の取り締まりをしていた警部補を轢いた。

エイブラハムは、マイアミのイスラエル領事館の外交官であるエリ・ギルの息子である。

ローカル10ニュースが伝えている。

逮捕報告書によると、警官が停車させた車両に近づくと、ギルがバイクでやってきて、車間を縫ってきた。警察によると、警官はギルに合図を送り、停止するよう叫んだが、ギルは中尉に向かって走り続け、”故意に轢いた”という。

左足に “動かせない” 怪我を負った警官は、ギルを掴んで地面に倒し、止めさせたと報告書には記載されている。警察はギルを、法執行官に対する加重暴行と暴力による警官への抵抗という第一級重罪で逮捕した。

ギルは泣きながら赤い目をしており、2つの重罪で起訴されている。

ギルの弁護を務める弁護士は、父親が誰であるかという理由で起訴を免れていると主張している。

報告書は、国務省のウェブサイトに “外交官の家庭を構成する家族は、外交官のスポンサーと同じ特権と免責を享受する “と記載されていることを指摘している。

しかし、ローカル10は法律アナリストのデイビッド・ワインスタインに話を聞いた。

「外交官特権は領事と呼ばれる人々には与えられませんし、それらは米国にいる外国の外交官ではない人々です。」

 

引用元:The Gateway Pundit

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00