Home Techビッグテック企業 上院議員がビッグテック企業CEOを非難、ザッカーバーグは保護者に謝罪

上院議員がビッグテック企業CEOを非難、ザッカーバーグは保護者に謝罪

by Jack World News

米国政府のためにオンラインのコンテンツを追跡調査している非営利団体National Center for Missing and Exploited Childrenのデータによると、児童の性的画像や動画はかつてないほど広く出回っている。同団体によると、オンラインプラットフォーム上のコンテンツに関する報告は、2022年の3200万件から、2023年には3600万件以上となり、過去最高を記録した。このようなコンテンツは、フェイスブックのような主要なテクノロジー・プラットフォームに根強く存在している。

子どもたちがオンラインで有害なコンテンツに触れたり、大手プラットフォームに依存したりすることを防ぐため、より強固な保護を求める声が高まる中、上院議員たちは児童性的虐待の素材(CSAM)に焦点を当てた公聴会を開催した。しかし、この公聴会では、現在議論されている提案が近いうちに法律として署名される可能性については、ほとんど明らかにされなかった。

上院司法委員会の指導者たちは、この公聴会が、オンライン上の児童虐待を抑制することを目的とした法案パッケージの機運を高める一助になることを期待していると述べた。後者は、第230条の下で与えられている業界の保護を狭めようとするもので、これは、ユーザー・コンテンツのホスティングやモデレートに対する訴訟からデジタル・サービスを免除する、包囲された法的盾である。

今日の公聴会では、ホーリー上院議員とマーク・ザッカーバーグとのやりとりをはじめ、多くのハイライトがあった。ホーリー上院議員はザッカーバーグに、ソーシャルメディア上のハラスメントが原因で自殺した子供たちの親に謝罪したいかと尋ねた。

ザッカーバーグ氏はこう言った。「あなた方の家族が苦しんだようなことは、誰も経験すべきではない。」彼は、メタ社のプラットフォームがその苦しみに一役買ったかどうかには触れず、同社はそのような経験を防ぐ努力に投資していると述べた。

ザッカーバーグとテッド・クルーズ上院議員との間には、ザックをあまり良く見せなかった別のやり取りがあった。クルーズの主張の核心は、Instagramが児童性的虐待を含む可能性のある素材を検索した際に表示される警告画面だった。クルーズ上院議員のスタッフは、検索結果にそのようなものが含まれている可能性を示唆する警告の拡大画像を掲載し、「See Results Anyway(とにかく検索結果を見る)」と呼びかけた。「ザッカーバーグさん、いったい何を考えているんですか?」とクルーズ氏は尋ねた。

ザッカーバーグが、インスタグラムがこの警告を何回出したか言おうとしなかったことに気づいただろうか?ザッカーバーグは、インスタグラムが何回この警告を出したか言おうとしなかった。これは馬鹿げている。インスタグラムはその警告を出した回数を知っているはずだし、ザッカーバーグが本当にその気になれば、数分でその数字を引き出せるに違いない。

最後に、ホーリー上院議員とザッカーバーグのやりとりの全文を掲載する。上のザッカーバーグの謝罪のクリップで終わっているが、その前にホーリー上院議員はザッカーバーグに、彼のサイトで若い女性に被害が及んでいることについて、たくさんの情報を突きつけている。

引用元:HotAir

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00