Home 政治アメリカ政治 退任のワレンスキーCDC所長が米国人に最後のメッセージ「誤った情報と科学の政治化に対して警戒せよ」

退任のワレンスキーCDC所長が米国人に最後のメッセージ「誤った情報と科学の政治化に対して警戒せよ」

by Jack World News

退任するロシェル・ワレンスキーCDC所長が米国人に最後のメッセージ:「誤った情報と科学の政治化に対して警戒せよ!

米国疾病予防管理センター(CDC)所長としての退任最後のメッセージで、ロシェル・ウォレンスキー博士はアメリカ国民に警告を発した: 誤った情報と科学の政治化に気をつけてください。と発言しました。

誤報や科学の政治化で非難されることの多い機関(CDC)からの忠告は皮肉に思えるかもしれない。

ワレンスキー氏は、CDC長官としての最後のインタビューのひとつで、ウォール・ストリート・ジャーナル紙に対し、アメリカ人が「自分自身のリスク評価と個人的リスクに基づいて健康上の決断をすることを望むが、政治的な決断はしない」と語った。

ワレンスキーの在任中の特徴は、強力なリーダーシップの欠如と一貫性のないメッセージを発信することでした。2022年の調査によれば、アメリカ人の4分の1がCDCの健康勧告に不信感を抱いている。

ウォール・ストリート・ジャーナル

政治的党派性が、ワレンスキー氏のCDC長官としての任期を様々な意味で決定づけた。世論調査によれば、右派の人々は左派の人々に比べ、隔離、隔離、マスクに関するCDCのパンデミックガイダンスに反発する傾向が強く、一方、民主党の人々は共和党の人々よりもワクチン接種を受ける傾向が強かった。
KFF(旧カイザー・ファミリー財団)によれば、政治的党派性は、他のどの人口統計学的要因よりも、コビッド19のワクチン接種を予測する強い要因であった。

ワレンスキー氏は、公衆衛生は党派的な線引きに沿ったものであってはならないと述べた。ワレンスキー氏はCovid-19ワクチン接種率について、「われわれの最大の分裂のいくつかは、管轄区域とその投票方法に基づいていました」と述べた。
批評家たちは、CDC自体が政治化されており、その勧告や政策が政治に影響され、国民に相反する勧告をしていると主張している。

今年初めに『ヘルス・アフェアーズ』誌に掲載された約4200人を対象とした2022年の調査によれば、アメリカ人の約4分の1がCDCの健康勧告を信用していないと答えている。

ワレンスキー氏は、パンデミックの進展に伴いCDCの指針が変更される可能性があることを明確にしなかったなど、パンデミック時のコミュニケーションにおける不手際を認めた。バイデン政権関係者の中には、CDCの新ガイドラインや修正ガイドラインの説明が時にわかりにくかったと言う者もいた。

私たちはおそらく、”このスペースを見ていてください “ともっとうまく言うことができたでしょう」と彼女は言った。

ワレンスキーは、科学界と一般市民への健康メッセージのバランスをとるのは難しい、と語った。「私たちは、同じ90秒のサウンドバイトの中で、両方を同時にやらなければなりませんでした」と彼女は言った。

ワレンスキーは昨年、パンデミックへの対応における大きな「過ち」のため、「リセット」と称して、同局がリストラを行うことを認めた。

NYTによれば、CDCのCOVID-19ガイダンスは、最近の報告書では「混乱を招き、威圧的」であった。

「75年もの間、CDCと公衆衛生はCOVID-19の準備をしてきたが、我々の大舞台で、我々のパフォーマンスは確実に期待に応えるものではなかった」と、CDCのロシェル・ワレンスキー所長は、11,000人の職員に送られた電子メールの中で述べている。

「この機関の長年の称賛者として、また公衆衛生のチャンピオンとして、私は私たち全員がより良くなることを望んでいます」と、ポリティコ誌の取材に答えた。

パンデミックの最中、CDCは60日間の立ち退きモラトリアムを発表した。

ロシェル・ワレンスキーCDC局長は独自に行動し、議会の承認は必要ないとの命令に署名した。ワレンスキーは女王であり、彼女の言うことはまかり通る。

このモラトリアムは、人々を自宅にとどめ、COVID-19が蔓延するような集会の場から遠ざけるために行うべき正しいことです」とワレンスキーは言った。このような大量立ち退きとそれに伴う公衆衛生上の影響を覆すことは非常に難しいでしょう』。

最高裁は結局、ワレンスキー氏の違憲モラトリアムを取り消した。

ワレンスキー氏は議会で、ワクチン接種を受けた人々がCOVIDウイルスを蔓延させる可能性があることを認めた。

ワクチンの誤報は最大の健康脅威の一つであると彼女が言った後のことである。

ワレンスキー氏はまた、アメリカで子どものマスク政策を推し進めた張本人でもある。

CDCやその他の組織が流した偽情報のせいで、彼らの信頼性はゼロに等しい。

まず、彼らはワクチン接種が病気の拡大を防ぐと私たちを惑わした。

人々の健康にとって最大の脅威は、時の政府を運営する政治家、専門機関の責任者による嘘である。特にCDC、ファウチ、大手製薬会社、そしてメディアがつく嘘である。自分たちは一切の責任を取らず、「後にこっそり訂正すればOK!」的な状況が数えきれないほどある。

世界中の政府や保健機関が参考にする機関であり、嘘をつき、人の命を軽んじた言動は断じて許されるべきではない。そのような大嘘の言動をした者は、たとえ退任後でも、調査され、その国の法で厳正に裁かれなければならない。


You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00