Home 政治2024年米大統領選挙 ポリティコ世論調査:過半数が予備選前のトランプ裁判を望んでいる

ポリティコ世論調査:過半数が予備選前のトランプ裁判を望んでいる

by Jack World News

ドナルド・トランプ前大統領が2024年が「最終決戦」だと警告しているように、イプソスが実施したポリティコの世論調査によると、成人の過半数が、政治戦争が本格化する前に法廷闘争が決着することを望んでいる。

57%の成人が、ジャック・スミス特別顧問の37件に及ぶ連邦起訴裁判が、来年初めの共和党予備選挙が始まる前に行われることを望んでおり、共和党登録者の42%も含まれている。

トランプは、大統領記録法の民事法とは対照的に、軍事機密の故意の保持の疑いで1917年のスパイ法に基づく起訴が “選挙妨害 “に相当すると主張している。彼は長い間、自分に対する無数の捜査、2020年の大統領選挙を争う行動、「暴動の扇動」をめぐる弾劾の失敗、ニューヨーク市での事件は、大統領選への再出馬を阻止しようとしたものだと主張してきた。

「検察と裁判長が法律に目を向け、国民の関心を満足させたいのであれば、この世論調査の結果を指摘すればいい」と元連邦検察官のアンクシュ・カルドリは世論調査の分析に書いている。

トランプは、大統領記録法の民事法とは対照的に、軍事機密の故意の保持の疑いで1917年のスパイ法に基づく起訴が “選挙妨害 “に相当すると主張している。彼は長い間、自分に対する無数の捜査、2020年の大統領選挙を争う行動、「暴動の扇動」をめぐる弾劾の失敗、ニューヨーク市での事件は、大統領選への再出馬を阻止しようとしたものだと主張してきた。

「検察と裁判長が法律に目を向け、国民の関心を満足させたいのであれば、この世論調査の結果を指摘すればいい」と元連邦検察官のアンクシュ・カルドリは世論調査の分析に書いている。

カルドリはトランプ大統領就任前に司法省に入り、COVID-19の大流行が始まった2020年初めに退官した。

世論調査の民主党は、1月6日や2020年の大統領選の争点が展開されるずっと前に「トランプを起訴するケース」を書いたカルドリに圧倒的に同意している:

民主党員の86%が、2024年の大統領選挙前にトランプを裁判にかけることを望んでいる。
民主党員の81%が、文書事件とマンハッタン事件の両方でトランプは有罪だと回答。
民主党議員の77%が、予備選挙前にトランプを裁判にかけることを望んでいる。
民主党員の73%が、トランプを1917年のスパイ防止法に基づいて投獄することを望んでいる。
2024年11月の大統領選挙前にトランプ氏の裁判が行われることを望む民主党議員は62%。無党派層の48%、共和党員の46%が賛成している。

1917年に制定されたスパイ法によりトランプが有罪だと答えた人は、成人の49%、無党派層の36%、共和党員の25%である。マンハッタン事件におけるトランプ氏の有罪については、おそらく同じ意見の人が多いだろう(成人48%、無党派層28%、共和党24%)。

イプソスは6月27日から28日にかけて、ポリティコのカルドリのために成人1,005人を対象に世論調査を実施した。結果の誤差はプラスマイナス3.8ポイント。

引用:NEWSMAX

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00