Home 政治アメリカ政治 サリバン米国家安全保障顧問、“工事中”の部屋で発見されたコカインの出所は建設作業員だとほのめかす

サリバン米国家安全保障顧問、“工事中”の部屋で発見されたコカインの出所は建設作業員だとほのめかす

by Jack World News

これ以上不可解なシナリオはないと思っていた矢先、ジェイク・サリバン米国家安全保障顧問が、ホワイトハウスでのコカイン発見事件に新たな展開を持ち込んだ。

7月7日金曜日の記者会見でサリバン氏は、週末にコカインが発見されたとされるシチュエーション・ルームは、建設中だったと主張した。 また、発見されたコカインが、建設作業員と関係がある可能性もほのめかした。

コカインが発見されて以来、ホワイトハウスは物議をかもしている。しかし、コカインの所在をめぐるシナリオは大きく矛盾している。

最初の報道では、コカインは図書館で発見されたとされていた。ハンター・バイデンの訪問を受けた火曜日には、隠し場所は西翼棟の倉庫の “キューブ “だったと伝えられた。

そして、木曜日の時点でMSNBCは、シチュエーション・ルームに近い「もっと安全な場所」で発見されたと報じている。

MSNBCのケリー・オドネル記者は、捜査の中心はシチュエーション・ルームに近い西エグゼクティブ・エントランスにあると指摘した。

オドネル氏は、「私たちが知ったことは、実際には西翼の入り口は2つあるということです。そして現在、捜査は進んでおり、ご指摘の通り、西エグゼクティブの入り口はシチュエーション・ルームに近いということです。西エグゼクティブ・ドライブに近く、例えば、副大統領の車が駐車されていた場所です」と語った。

一方、サリバン氏は、シチュエーション・ルームは現在進行中の工事のため、数ヶ月間使用できなかったと主張している。

「シチュエーション・ルームは現在工事中のため使用されておらず、ここ数ヶ月使用されていない。」

「現在はアイゼンハワー行政府庁舎にある、代替のシチュエーションルームを使用しています。」

「この期間、シチュエーション・ルームに出入りしているのは、準備中の作業員だけです」

サリバン氏は、建設作業員がコカインの発生源である可能性を示唆した。

引用:GATEWAY PUNDIT

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00