Home 政治アメリカ政治 下院監視委員会、バイデン ホワイトハウスでのコカインに関する調査を開始

下院監視委員会、バイデン ホワイトハウスでのコカインに関する調査を開始

by Jack World News

下院監視委員会のジェームズ・コマー委員長(共和党)は金曜日、シークレットサービスのキンバリー・チートル局長に書簡を送り、委員会が調査しているホワイトハウスでのコカイン発見に関する詳細について説明を求めた。

「ホワイトハウス内での違法薬物の存在は容認できず、ホワイトハウスの歴史において恥ずべき瞬間である」とコマー委員長は書簡で述べた。

日曜日の午後6時頃、シークレットサービスの制服警官が、定期パトロール中の西翼棟で、白い粉状の物質が入ったビニール袋を発見した。

これにより、ホワイトハウスでは避難と、最初に物質をコカインと特定したDC消防署の危険物チームの派遣が、指示されました。

シークレットサービスによると、ビニール袋は職員や公式訪問者用の入り口にある小物入れで見つかった。職員は、事前に身元調査を受け、シークレットサービスが管理するセキュリティーチェックポイントを通過した後であれば、個人的なゲストをこの入り口から連れてくることもできる。シークレットサービスは現在、FBIの協力を得て、監視ビデオと訪問者の記録を調べている。

ホワイトハウスの当局者は、この地域は “人通りが多い “と主張しているが、MSNBCでさえ、この地域は “アクセスが制限されている “ことを認めており、一般人は “そこには入れない “と述べている。

コマー氏は書簡でこう書いている。

「この憂慮すべき事態を受け、当委員会はホワイトハウスのセキュリティ対策を評価し、誰の失態が、避難や違法物質の発見につながったのかを明らかにする必要がある。当委員会は、米国シークレットサービス(USSS)に対し、追加情報を提供するよう要請する。」

コマー氏は、2023年7月14日までに、シークレットサービスから委員会にブリーフィングを行うよう要請した。

「監視・説明責任委員会は、米下院の主要な監視委員会であり、下院規則Xに基づき、”いつでも”、”どのような事柄でも “、調査する広範な権限を持っている」と付け加えた。

引用:BREITBART

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00