Home 政治アメリカ政治 ホワイトハウス、ハンターとジョー・バイデンのコカイン問題で選挙法を発動し嘲笑される

ホワイトハウス、ハンターとジョー・バイデンのコカイン問題で選挙法を発動し嘲笑される

by Jack World News

日曜日にホワイトハウスで発見されたコカインがジョー・バイデン大統領のものか、ハンター・バイデン氏のものか、という質問に対して、ホワイトハウスのアンドリュー・ベイツ副報道官がハッチ法を発動したことを、保守派は笑うしかなかった。

「そうではないと言う気はあるのか?それ(コカイン)は彼らのものではないということですか?」木曜日、ある記者がベイツに尋ねた。

「ハッチ法に注意しなければならないので、それに対する返答はない」と彼は主張した。

司法省によると、ハッチ法の主な規定は、行政府職員が「勤務中、連邦施設内、または連邦資産を使用している間、党派的な政治活動に従事すること」を禁じている。

親トランプ派であるArticle III Projectの創設者兼会長で、さらに、元上院司法委員長チャック・グラスリーの指名法律顧問でもある、マイク・デイビス氏は、ブライトバート・ニュースに対し、「ハンター・バイデンにとってコカインは政治活動の一部かもしれないが、ハッチ法を可決したとき、議会はおそらくその考えを高く評価していなかっただろう」と語った。

ジェリー・ダンリービー記者もホワイトハウスの対応をあざ笑った。「あの有名なハッチ法の規定は、ホワイトハウスのコカインが大統領やその息子のものではない、と言うことを許さないものだ。」

「ベイツがハッチ法に軸足を移し、質問を否定しないのは奇妙だ」と元上院スタッフ、スティーブ・ゲスト氏も語った。

「保守派のコラムニスト、バイロン・ヨークはツイッターに投稿した。

「ハッチ法?ハッチ法?意味不明だ」とフェデラリストの共同設立者であるショーン・デイビスCEOはツイートした。

日曜日の夕方、ホワイトハウスにいたシークレットサービスの警官がコカインを発見し、避難を促し、D.C.消防署の危険物処理チームが現場に到着した。この事件はシークレットサービスによって調査中である。

その数日後、下院監視委員会のジェームズ・コマー委員長(共和党)は、シークレットサービスに捜査状況の説明を求めた。

「ハンター・バイデンがホワイトハウスに住んでいないと言うなら、どこに住んでいるかわからない。」「そこに関心がある。何枚かの写真があるし、彼が運転中にもクラックを吸っている写真を撮っている。それを否定するのは難しいだろう」。

水曜日、ホワイトハウスのカリーヌ・ジャン=ピエール報道官は、ホワイトハウスがコカインを持ち込んだ何者かを起訴することを支持しているかどうかについては明言しなかった。

「ここから仮定の話に入るつもりはない。シークレットサービスに任せましょう。彼らの権限下にあることだ。我々は、彼らが真相を解明してくれると確信している。現時点では、先走るつもりはありません」と彼女は記者団に語った。

「この調査の一環として、ホワイトハウスのスタッフは薬物検査を受けるのでしょうか?」という質問に対し「ここから仮定の話に入るつもりはありません」とジャン=ピエールは答えた。

「ホワイトハウスは薬物検査を含む厳格なガイドラインに従っている。ですから、私たちは適切かつ正当な行動をとるでしょう」というのが現時点での回答である。

引用:BREITBART

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00