Home 政治アメリカ政治 米共和党議員、連邦官僚の武装解除法案を提出

米共和党議員、連邦官僚の武装解除法案を提出

by Jack World News

共和党の議員数名が、環境保護庁(EPA)、労働省(DOL)、内国歳入庁(IRS)の取締官を武装解除する法案を提出した。

ルイジアナ州の共和党議員クレイ・ヒギンズは6月30日、7人の共同提案者とともに「2023年武装規制当局のための資金提供禁止法案」を提出した。この法案が成立すれば、EPA(環境保護局)、DOL(労働雇用省)、IRS(国税庁)において、武装した規制当局の執行官を雇用・確保するために税金を使用することができなくなる。

「ディープ・ステートの官僚たちは、アメリカの隅々まで行政権を押し広げ、皆さんの権利を踏みにじり、富をむさぼり続けています」と、ヒギンズは6月30日のプレスリリースで述べた。「この法案は、規制政策を執行するために使われている抑圧的な戦術に反撃するための重要な一歩である」

アイオワ州の共和党上院議員ジョニ・アーンスト氏は6月30日、IRSが武器を購入したり、銃器を装備したりすることを明確に禁止する独自の法案を提出した。

オープン・ザ・ブックスの報告書によると、2023年4月現在、IRSの執行部門には約2100人の武装エージェントがいる。オープン・ザ・ブックスによれば、COVID-19が始まってから2023年4月までの間に、国税庁は1000万ドルの武器と関連機器を購入しており、その中には2021年だけで500万ドルにのぼる購入額も含まれているという。

E&E Newsが引用したEPAの広報担当者によると、EPAには現在150人の執行官がおり、職務上銃器の携帯が許可されている。政府説明責任局の2018年の報告書によると、2017年11月の時点で携帯を許可されているEPAの監察官事務所の捜査官はさらに48人いる。

「E&Eニュースによると、ヒギンズ氏は、「私の有権者、特に地方にいる有権者と接する規制執行機関には、かなり極端な部分があった。このような規制当局が、規制を実施するために武装した警察官を有権者の家の敷地内に入れていることに驚いた」

銃器の携帯を許可されているDOL捜査官の正確な数は不明である。

引用:Daily Caller

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00