Home 政治アメリカ政治 下院監視委員会がホワイトハウスのコカインに関する説明を求める

下院監視委員会がホワイトハウスのコカインに関する説明を求める

by Jack World News

下院監視委員会は、最近ホワイトハウスで発見されたコカインについて、シークレットサービスからの説明を求めている。

同委員会のジェームズ・コマー委員長(共和党)は金曜日、シークレットサービスのキンバリー・チートル局長に書簡を送り、来週末までにスタッフレベルのブリーフィングを行うよう要請した。

日曜日にホワイトハウスの西棟で白い粉が発見され、ワシントンD.C.の消防署に緊急の危険物通報があった、とシークレットサービスの関係者がニュースマックスに語った。

この事件により、一時避難が行われた。

「この憂慮すべき事態を受け、委員会はホワイトハウスのセキュリティ対策を評価し、誰の失敗が避難や違法物質の発見につながったのかを明らかにする必要がある。委員会は、米国シークレットサービス(USSS)に追加情報を提供するよう要請する」と、コマー氏はツイッターで公開した書簡に書いている。

「ホワイトハウス内での違法薬物の存在は容認できず、ホワイトハウスの歴史において恥ずべき瞬間である」

コマー氏は書簡の中で、”この事件により、ホワイトハウスで維持されているセキュリティレベルに関して、委員会にさらなる懸念が持ち上がった “と付け加えた。

NBCニュースは木曜日、発見されたコカインの入った袋を調査していた当局者の話として、コカインは正式な西翼ロビー近くの小部屋ではなく、ホワイトハウス西側エグゼクティブ・エントランス近くの小部屋で発見されたと報じた。

NBCニュースの2人の情報筋によると、シークレットサービスは当初の予定より早く、月曜日までに調査を完了する見込みだという。

トム・コットン上院議員(アーク州選出)は水曜日にチートル氏に手紙を送り、発見されたコカインに関する調査の透明性を求めた。

「ホワイトハウスが安全でないのなら、議会はその詳細を知る必要がある」

ホワイトハウスによると、コカインが発見されたとき、ジョー・バイデン大統領とその家族はメリーランド州のキャンプ・デービッドにある大統領の保養所にいたという。

引用:Newsmax

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00