Home 政治アメリカ政治 バイデン撤退後に特別ビザを与えられたアフガン駐留米軍のアフガン人通訳がD.C.の暴漢に射殺された。

バイデン撤退後に特別ビザを与えられたアフガン駐留米軍のアフガン人通訳がD.C.の暴漢に射殺された。

by Jack World News

バイデン撤退後に特別ビザを与えられたアフガン駐留米軍のアフガン二スタン人の通訳がワシントンD.C.の暴漢によって射殺された。

タリバンと戦う米軍特殊部隊とともに10年間生き延びたアフガニスタン人通訳が、ミュリエル・バウザー市長が率いる民主党政権下のワシントンD.C.で射殺された。

アフガニスタンで撮影された写真には、ナスラトが軍服を着て、アメリカの特殊部隊員とともにライフルを持っている姿が写っている。

2001年の侵攻前よりもタリバンの支配下に置かれるようになったアフガニスタンから、ジョー・バイデンが撤退に失敗したことを受けてアメリカに逃れた後、彼は当初フィラデルフィアに定住していたが、あまりに街が凶暴であるとの懸念から引っ越した。

しかし、ワシントンD.C.はナスラットにとって安全ではないことが証明され、彼はLyftの運転手として働いているときに腹を撃たれて死亡した。

監視カメラの映像には、現場から走り去る4人の男が映っているが、記事掲載時点では誰も逮捕されていない。

彼はわずか5日間でアメリカの首都で10人目の犠牲者となってしまった。

アメリカに来て、民主党の支配する州に住むことは、アフガニスタンにいるよりリスクなのかもしれない。

引用:The National Pulse

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00