Home 生活コロナワクチン ファイザー社のコロナワクチンからSV40 DNAが発見され、癌の原因となることが証明された。

ファイザー社のコロナワクチンからSV40 DNAが発見され、癌の原因となることが証明された。

by Jack World News

微生物学者、コビッド19ワクチンと癌リスク増加との関連研究を発表… その他の厄介な副作用

今週、微生物学者ケビン・マッカーナンが、mRNAコビド-19ワクチンを接種した人々にさらなる問題を引き起こしかねない衝撃的な発見をした。

マッカーナンは、とりわけ、癌を引き起こすと疑われているウイルスがCovid-19ワクチンに含まれていること、そしてそれがヒトゲノムをも変化させることを発見した。

以前は、Covid-19ワクチンにはRNAしか含まれていないと思われていたが、マッカーナンはDNAが含まれており、ヒトゲノムを変化させ、抗生物質に耐性を持たせる可能性があることを発見した。

さらにマッカーナンは、Covid-19ワクチンに含まれる二本鎖DNA(dsDNA)が、規制当局が通常許可する限度をはるかに超えていることを発見した。

マッカーナンは、規制機関はこの問題を認識していたが、品質管理に問題があるにもかかわらず、コビッド-19ワクチンを市場に出すことを選択したと報告した。

マッカーナンは、他の科学者が結果を再現できるように、研究の詳細をすべて公表した。

Covid-19ワクチンに関するマッカーナンの懸念は、Covid-19ワクチンに関する一連の問題の中で最新のものに過ぎず、最も厄介な既知の副作用は、特に18歳から30歳の若い男性における心筋炎のリスクである。

2022年に実施された研究によると、コビッド-19ワクチンを接種した人は、心筋炎にかかる可能性が少なくとも2.13倍高く、これは重大な健康合併症を引き起こし、死に至ることもある心血管系の病気である。

 

 

The Epoch Times Reports–

 

COVID-19ワクチン注射にはRNAしか含まれていないと思われてきたが、研究者はDNA断片の存在も発見した。DNAは存在しないはずであり、重大な汚染問題を示すだけでなく、この発見はRNAがどのように作られるかという独自の設計図全体を暴露した。

微生物学者ケビン・マッカーナンと彼のチームは最近、ファイザーとモデルナの二価のmRNA COVID注射剤にシミアンウイルス40(SV40)のプロモーターを発見した。

SV40は長い間、ヒトにガンを引き起こすと疑われてきた。

混入したDNAはヒトのゲノムを変化させる可能性がある。ファイザー社のバイアル瓶の一つには、核局在化配列(NLS)を持つSV40プロモーターもあった。NLSは72塩基対の挿入であり、プロモーターを「より攻撃的にし、また配列を細胞の核内に追いやる」。

DNAの混入は、注射するとアナフィラキシーを引き起こすエンドトキシンが存在する可能性を示す警告サインである。

引用:100percentfedup, The Epoch times,

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00